折り紙のラッキースターの作り方を図解で丁寧に説明します。

これが完成図です!

ラッキースター(小さな星)は、海外では、願いが叶うように折る星の意味があるそうです。

まるで日本の千羽鶴のようですね。

そんなラッキースターは、まさにクリスマスにピッタリの飾りと言えそうです。また、沢山作ってオシャレな瓶に入れて、お友達へプレゼントしてもとても喜ばれますよ♪

他には、モビールにしてお部屋に飾れば、もしかして願い事が叶うかもです!

そんな思いで、家族みんなでラッキースターをクリスマスに向けて作っちゃいましょう。

作り方は簡単。分からないところが無いように、図解で、細かく細かく説明しています。

これを見ながら作っていくうちに、コツを掴んで、スイスイ折れるようになりますよ。

折り紙や紙テープなどを使って、いっぱいこのふっくら、ぷっくり、まるまるした立体的なラッキースターを折ってみて下さいね♪



スポンサーリンク

この記事では、ラッキースターの作り方の他に、作ったラッキースターをモビールにする方法も説明しています。

折り紙のラッキースターの折り方~簡単上手にできるコツも紹介!

ラッキースター(小さな星)を12個使ったモビールを作るのに必要なもの

用意するもの

  • 折り紙

・普通の折り紙(15cm×15cm)・・・3枚
or
・デコレーションリング(下図)・・・18本
or
・紙テープ

  • カッターナイフ
  • カッティングシート
  • 定規
  • セロテープ
  • のり

私は、家にあったデコレーションリング(下図)という、折り紙が帯になったもの(1本が2.2cm幅)を使ったんですが、普通の折り紙でも大丈夫ですよ!

デコレーションリングというのは、100均でたまたま見つけて買ってあったもので、これの1本を2本に切り分けて使いました。普通の折り紙の場合は、1枚を16等分にカットして16本の帯を作ります。

デコレーションリングの場合だと、普通の折り紙より少し時短できるかなという感じですので、もし100均(私はダイソーで買いました。)で見つけたら買ってもいいかもです(^_-)

 

色んな色が入った束が(1本2.2cm幅)7束入ってますよ♪ これはパーティの時の輪飾りを作るための折り紙だと思います。

この他にも、紙テープで作ったりする人もいるみたいですね。なので、自分の家にあるもので作ってみて、その後で色々と試してみるのもいいかも知れませんね♪

 

それではまず、1つの小さな星(ラッキースター)の作り方から写真を使って説明しますね♪

ラッキースター(小さな星)の作り方

手順

1. まずは、ラッキースター(小さな星)の1個の作り方を紹介します。 (12個を作る場合は、デコレーションリングなら18本、普通の折り紙なら3枚を用意してくださいね♪

上図の中に本当はセロテープが無いといけませんでした^^;

 

2. デコレーションリングの帯を半分にカットします。(2.2cm幅を1.1cm幅にします。)

 

3. 3本が6本になりました。

 

4. このうちの3本をセロテープで縦に1本に繋げます。


3本繋げると、45cmの長さの帯が出来ます。

 

5. 先っちょを図のように結びます。

この時、あまり強く引っ張りすぎると破れてしまうので要注意ですよ!

 

6. 先端の出っ張りを点線で谷折りにします。

 

7. 折った先っちょを矢印の指す隙間に入れ込みます。

きれいに仕舞えました。



スポンサーリンク



ここから長く伸びた帯を折り畳んでいくのですが、コツは”あまりしっかりとキツめに折らない”事です!

かと言って、ゆるゆるだと崩れてしまいますので、程よい加減で折りましょう。

と言ってもその”程よい”が最初は掴み難いのですが、何個か折っていくうちにコツが掴めると思います。

“キツめ”だと、最後に爪で星の形を作る時に、凹みがうまく出来なくて、ふっくらとした可愛い星にならないのです…。

私は、12個のうち1つしかキレイな星になりませんでした(泣)。なので、凹みをつけるところまで1クールで作って、次々と作っていった方がコツが掴めると思いますよ♪

8. 点線を谷折りにして、矢印方向に帯を持って行きます。

 

9. 点線を山折りにして帯を後ろに回し、矢印のところから出します。

 

10. 点線を谷折りにして、矢印の方向に帯を持って行きます。

 

11. 点線を山折りにして帯を後ろに回し、矢印のところから出します。

 

12. 点線を谷折りにして、矢印の方向に帯を持って行きます。

 

13. 点線を山折りにして帯を後ろに回し、矢印のところから出します。

 

14. 点線を谷折りにして、矢印の方向に帯を持って行きます。

 

15. 点線を山折りにして帯を後ろに回し、矢印のところから出します。

 

16. 点線を谷折りにして、矢印の方向に帯を持って行きます。

 

17. 点線を山折りにして帯を後ろに回します。

実際の折り畳んでいく作業はもう少し続くので、”帯をどっちの方向に折っていいのか分からない…”という人のために、コツを教えますね!

 

帯を折る方向が一発で分かるコツ

■ 帯を山折りにして後ろに回して出してくる箇所は、丸で囲んだ中のような、折り目が重なっているところの後ろです。

 

■ 谷折りにして帯を手前に折るときは、折った時の形が、丸で囲んだような形になればOKです。

 

 

18. 最後まで折れました。

 

19. そうしたら、最後に折ったところを一度開いて、点線のところを谷折りにします。(折るところは、この後の手順20で、隙間に挟み込める長さであれば何センチでもOKです。)

 

20. 端っこを矢印の指す隙間に入れ込むのですが、その前に手順21の作業をします。

 

21. 入れ込む時に、図の斜線部分にのりを塗ります。

 

22. 端っこを入れ込みます。

 

23. のりが乾いたら、点線部分を指の爪で押し込んで凹みを作ります。

5箇所すべてを凹ませたら、ラッキースター(小さな星)の出来上がりです(^^)

これは、12個の中で一番うまく出来たラッキースターです。

 

他の11個も、手順1~23の方法で作ります。

ちなみにツリーの上にも飾れる星や切り絵の星の作り方の図解もありますよ(^^)良かったら見てくださいね♪

ラッキースター(小さな星)を繋げてモビールを作る方法

1 まずは、一番下に来る星の下図のところに針を差して、糸を通します。

 

2. 糸を通したら、玉結びにして余った糸の端を切っておきます。

 

3. その上に来る星の下図のところに針を差します。

 

4. 次にその少し上からテッペンに向けて針を差します。

 

5. 手順3と4で付いた縫い目に糸を通します。

 

6. 矢印の通りに糸を通して結びます。

 

7. 繰り返し手順5、6をして、玉結びにします。

 

8. 残りの2つの星も、手順3~7を繰り返し、4つの星の連なりを作ります。

9. 同様に、4つの星の連なりをあと2本作って、全部で3本の星の連なりを作ります。

10. このように、ハンガーなどに3本のラッキースター(小さな星)を吊り下げれば、星のモビールの出来上がりです\(^o^)/

ちっちゃな星々が、輝いているように見えます(*^^*)

折り紙でラッキースターの作り方のまとめ

いかがでしたか?

星を凹ませる作業は、うまく出来ましたか。

最初は中々、コツを掴めない人もいると思いますが、段々作っている内にきっと上手く出来るようになりますよ♪

モビールは、場所を取らないので、お部屋にさり気なく飾れば、一気に素敵な雰囲気になります。

ぜひ、クリスマスに向けて、ラッキースター(小さな星)を作ってくださいね(*^^*)

他にも折り紙のクリスマス飾りを多数紹介していますので、ぜひ一緒に折ってくださいね!

パーティーのお部屋の壁にこんな手作りの壁飾りも紹介していますので見てくださいね♪

クリスマスの次はお正月!お正月の折り紙も楽しいですよ♪

スポンサーリンク