2019年、70代の方のカラオケランキングを紹介します。

70歳から79歳まで方が青春真っ只中の22歳の時の流行った曲を、カラオケDAMのサイトで調べて、それぞれ、ランキング20位検索しました。

79歳の方が22歳の時の昭和37年(1962年)から、70歳の方が22歳の時の昭和46年(1971年)までのトップ20です。

“ おじいちゃん、おばあちゃんとカラオケを楽しみたい! ”、そんな息子、娘世代の方、お孫さんたちも、これを知れば一緒に盛り上がれますよ!

また、70代の上司と一緒にカラオケに行くんだけど、どんな曲を勧めていいのか分からないというあなたも、そんな悩みもこれで解決です。

デュエット曲もあるので、憶えていって、一緒に唄ったら楽しいですね。

ここにあるどの歌もどの歌手も、70代の方が見たら、きっと涙を流して喜ぶこと請け合い(^^)

さてさて、それでは、70歳の方から79歳の方の青春ソングのランキングを順番に紹介していきますね♪



スポンサーリンク


 

70代のカラオケで唄いたいランキング!トップ20

70歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和46年(1971年)

五木ひろし森進一小柳ルミ子堺正章が頑張っていた時代ですね。当時、私は小学校1年生でしたが、歌謡界の盛り上がりを確かに感じていたし、子どもたちも、ちょっとおませな歌を口ずさんでいましたよ。(笑)

今はあまりテレビではお見かけしない 湯原昌幸のレコード を見つけました。売れてましたよね、湯原昌幸。


クリックするとamazonに飛びます

第1位

花嫁 はしだのりひことクライマックス

第2位

ナオミの夢[ANI HOLEM AL NAOMI] ヘドバとダビデ

第3位

雨の御堂筋 欧陽菲菲

第4位

知床旅情 加藤登紀子

第5位

よこはま・たそがれ 五木ひろし

第6位

わたしの城下町 小柳ルミ子

第7位

望郷 森進一

第8位

雨のバラード 湯原昌幸

第9位

また逢う日まで 尾崎紀世彦

第10位

さらば恋人 堺正章

第11位

お祭りの夜 小柳ルミ子

第12位

傷だらけの人生 鶴田浩二

第13位

二人の世界 あおい輝彦

第14位

砂漠のような東京で いしだあゆみ

第15位

水色の恋 天地真理

第16位

空に太陽がある限り にしきのあきら

第17位

長崎から船に乗って 五木ひろし

第18位

涙から明日へ 堺正章

第19位

ついて来るかい 小林旭

第20位

出発の歌~失われた時を求めて 上條恒彦+六文銭~

71歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和45年(1970年)

内山田洋とクール・ファイブの歌が3曲もランクインしてますね(・o・)

最近は、純烈というムード歌謡のグループが活躍していますが、当時は、 ムード歌謡全盛 でしたものね!

藤圭子ちあきなおみヒデとロザンナが活躍してた時代が確かにありましたよね・・・

きらびやかなスーツに直立不動で唄う歌手が、本当に懐かしい。


クリックするとamazonに飛びます

第1位

愛は傷つきやすく ヒデとロザンナ

第2位

京都の恋 渚ゆう子

第3位

白い蝶のサンバ 森山加代子

第4位

圭子の夢は夜ひらく 藤圭子

第5位

女のブルース 藤圭子

第6位

逢わずに愛して 内山田洋とクール・ファイブ

第7位

手紙 由紀さおり

第8位

あなたならどうする いしだあゆみ

第9位

希望 岸洋子

第10位

今日でお別れ 菅原洋一

第11位

噂の女 内山田洋とクール・ファイブ

第12位

経験 辺見マリ

第13位

命預けます 藤圭子

第14位

ドリフのほんとにほんとにご苦労さん ザ・ドリフターズ

第15位

四つのお願い ちあきなおみ

第16位

愛のきずな 安倍里葎子

第17位

恋人 森山良子

第18位

愛の旅路を 内山田洋とクール・ファイブ

第19位

X+Y=LOVE ちあきなおみ

第20位

おんな占い 南有二とフル・セイルズ

72歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和44年(1969年)

由紀さおり『夜明けのスキャット』は、確かに大人気でしたね。

子どもの私には、ルールルルル~♪ばっかりで、この歌の何が良いのか全く分からなかったけど、今、大人になってから、その良さが分かります。

いしああゆみ『ブルー・ライト・ヨコハマ』も良かったですね。アンニュイで、なんとなく不幸感が漂っていて。

『黒ネコのタンゴ』も大ヒットでしたね。昭和って、子どもにませた歌唄わせがちでした。(笑)


クリックすると楽天市場に飛びます

第1位

夜明けのスキャット 由紀さおり

第2位

港町ブルース 森進一

第3位

ブルー・ライト・ヨコハマ いしだあゆみ

第4位

恋の季節 ピンキーとキラーズ

第5位

黒ネコのタンゴ 皆川おさむ

第6位

禁じられた恋 森山良子

第7位

池袋の夜 青江三奈

第8位

長崎は今日も雨だった 内山田洋とクール・ファイブ

第9位

時には母のない子のように カルメン・マキ

第10位

長崎ブルース 青江三奈

第11位

グッド・ナイト・ベイビー THE KING TONE

第12位

風 はしだのりひことシューベルツ

第13位

涙の季節 ピンキーとキラーズ

第14位

年上の女 森進一

第15位

恋の奴隷 奥村チヨ

第16位

君は心の妻だから 鶴岡雅義と東京ロマンチカ

第17位

Those Were The Days[悲しき天使] Mary Hopkin

第18位

人形の家 弘田三枝子

第19位

今は幸せかい 佐川満男

第20位

仁義 北島三郎



スポンサーリンク



73歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和43年(1968年)

ザ・タイガースザ・テンプターズなど、グループサウンズが流行ってた時代ですね。

私はまだ5歳くらいだったので、全然、テレビでリアルタイムに活躍してた彼らを見た記憶が残ってないんですよね。

でも、千昌夫ピンキーとキラーズのシルクハットは、なぜかすごく憶えてます。

それと、『帰って来たヨッパライ』の聞いた時の記憶はショッキングそのものでした。(笑)

黛ジュンの歌も好きでしたね。

あの当時の女の子の恋愛観なのでしょうか。


クリックすると楽天市場に飛びます

第1位

星影のワルツ 千昌夫

第2位

帰って来たヨッパライ ザ・フォーク・クルセダーズ

第3位

恋の季節 ピンキーとキラーズ

第4位

小樽のひとよ 鶴岡雅義と東京ロマンチカ

第5位

恋のしずく 伊東ゆかり

第6位

花の首飾り ザ・タイガース

第7位

The Sound Of Silence[サウンド・オブ・サイレンス] Simon & Garfunkel

第8位

ゆうべの秘密 小川知子

第9位

Massachusetts[マサチューセッツ]

第10位

シー・シー・シー ザ・タイガース

第11位

伊勢佐木町ブルース 青江三奈

第12位

新宿そだち 大木英夫・津山洋子

第13位

盛り場ブルース 森進一

第14位

小さなスナック パープル・シャドウズ

第15位

思案橋ブルース 中井昭・高橋勝とコロラティーノ

第16位

エメラルドの伝説 ザ・テンプターズ

第17位

霧にむせぶ夜 黒木憲

第18位

天使の誘惑 黛ジュン

第19位

神様お願い ザ・テンプターズ

第20位

夕月 黛ジュン

74歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 1967年

石原裕次郎が、ガンガン映画に出てた時代ですね。

俳優としても歌手としても大成功を収めて、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったようです。

佐良直美『世界は二人のために』も大ヒットしましたよね。

美空ひばりが珍しくポップスを唄った事で話題にもなりました。でも、なんか演歌っぽい唄い方でしたけど。(笑)


クリックするとamazonに飛びます

第1位

夜霧よ今夜も有難う 石原裕次郎

第2位

世界は二人のために 佐良直美

第3位

君だけに愛を ザ・タイガース

第4位

ブルー・シャトウ ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

第5位

風が泣いている ザ・スパイダース

第6位

いとしのマックス 荒木一郎

第7位

北国の二人 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

第8位

真赤な太陽 美空ひばり

第9位

この広い野原いっぱい 森山良子

第10位

こまっちゃうナ 山本リンダ

第11位

新宿そだち 大木英夫・津山洋子

第12位

小樽のひとよ 鶴岡雅義と東京ロマンチカ

第13位

小指の想い出 伊東ゆかり

第14位

夫婦春秋 村田英雄

第15位

君こそわが命 水原弘

第16位

霧の摩周湖 布施明

第17位

粋な別れ 石原裕次郎

第18位

恋のフーガ ザ・ピーナッツ

第19位

博多の女 北島三郎

第20位

命かれても 森進一

75歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和41年(1966年)

フォークグループサウンズムード歌謡美空ひばりフランク永井山本リンダ

もうすでに、色んなジャンルの歌が歌謡界に出現し始めていたんですね!

このランキングを見ただけで、この頃の日本の勢いを感じます。


クリックするとamazonに飛びます

第1位

悲しい酒 美空ひばり

第2位

函館の女 北島三郎

第3位

君といつまでも 加山雄三

第4位

バラが咲いた マイク真木

第5位

星のフラメンコ 西郷輝彦

第6位

お嫁においで 加山雄三

第7位

柳ヶ瀬ブルース 美川憲一

第8位

若者たち ザ・ブロードサイド・フォー

第9位

ラブユー東京 黒澤明とロス・プリモス

第10位

こまっちゃうナ 山本リンダ

第11位

ドレミのうた 童謡

第12位

おまえに フランク永井

第13位

星影のワルツ 千昌夫

第14位

夜霧の慕情 石原裕次郎

第15位

旅人よ 加山雄三

第16位

骨まで愛して 城卓矢

第17位

霧の摩周湖 布施明

第18位

ネオン川 バーブ佐竹

第19位

下町育ち 笹みどり

第20位

逢いたくて逢いたくて 園まり



スポンサーリンク

76歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和40年(1965年)

中尾ミエって、『可愛いベイビー』以外も歌を出してたんですね!

やはり、洋楽の日本語版の路線なんですね。

尾藤イサオとかもそうだし、歌のタイトルとか、歌手名も、横文字がチラホラと目立ってます。

そして、また別ジャンルとして、越路吹雪さまがトップに君臨されています。

当時としては、

美空ひばり

とはまた違った意味での歌姫だったのでしょうか。

唯一無二の存在感です。


クリックすると楽天市場に飛びます

第1位

サン・トワ・マミー 越路吹雪

第2位

柔 美空ひばり

第3位

学生時代 ペギー葉山

第4位

砂に消えた涙~Un Buco Nella Sabbia~ 弘田三枝子

第5位

ラストダンスは私に 越路吹雪

第6位

だまって俺について来い ハナ肇とクレイジーキャッツ

第7位

涙くんさよなら ジャニーズ

第8位

星娘 西郷輝彦

第9位

愛して愛して愛しちゃったのよ 田代美代子・和田弘とマヒナスターズ

第10位

網走番外地 高倉健

第11位

兄弟仁義 北島三郎

第12位

夜霧のしのび逢い グラシェラ・スサーナ

第13位

新聞少年 山田太郎

第14位

アイドルを探せ 中尾ミエ

第15位

悲しき願い 尾藤イサオ

第16位

ドレミのうた 童謡

第17位

Poupee De Cire Poupee De Son[夢見るシャンソン人形] France Gall

第18位

真珠貝の唄 ハワイアン

第19位

ワンレイニー・ナイト・イン・トーキョー 和田弘とマヒナスターズ

第20位

夜明けのうた 岸洋子

77歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和39年(1964年)

なんと!あのザ・ビートルズがランクインです!

この年は、彼らが日本に来日する2年前ですよね。

 日本の歌謡界のコペ転 のタネが芽生え始めてきた時期なのでしょうか。

一方、当時アイドルの御三家の西郷輝彦の曲が2曲もランクインしています。

また、戦後の集団就職を唄った井沢八郎『ああ上野駅』もヒットするなど、まさに転換期という感じがしますね。


クリックするとamazonに飛びます

第1位

ラスト・ダンスは私に 越路吹雪

第2位

愛と死をみつめて 青山和子

第3位

アンコ椿は恋の花 都はるみ

第4位

ラ・ノビア ペギー葉山

第5位

サン・トワ・マミー 越路吹雪

第6位

夜明けのうた 岸洋子

第7位

私のベイビー~Be My Baby~ 弘田三枝子

第8位

君だけを 西郷輝彦

第9位

十七歳のこの胸に 西郷輝彦

第10位

明日があるさ 坂本九

第11位

涙を抱いた渡り鳥 水前寺清子

第12位

幸せなら手をたたこう 唱歌・抒情歌

第13位

バイ・バイ・バーディー 中尾ミエ

第14位

I Want To Hold Your Hand[抱きしめたい] The Beatles

第15位

ウナ・セラ・ディ東京 ザ・ピーナッツ

第16位

東京の灯よいつまでも 新川二朗

第17位

ああ上野駅 井沢八郎

第18位

お座敷小唄 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ

第19位

俺はお前に弱いんだ 石原裕次郎

第20位

柔 美空ひばり

78歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和38年(1963年)

舟木一夫の2曲がランクインしていますね。

橋幸夫吉永小百合とのデュエット曲で、大ヒットしました。

この年の次の年に東京オリンピックという事で、三波春夫『東京五輪音頭』も入ってます。

西田佐知子弘田三枝子など、しっとり系歌手の歌は、大人の魅力満載です。


クリックするとamazonに飛びます

第1位

高校三年生 舟木一夫

第2位

ヘイ・ポーラ マイカップル[田辺靖雄・梓みちよ]

第3位

こんにちは赤ちゃん 梓みちよ

第4位

見上げてごらん夜の星を 坂本九

第5位

シェリー 九重佑三子とパラダイス・キング

第6位

いつでも夢を 橋幸夫・吉永小百合

第7位

東京五輪音頭 三波春夫

第8位

恋のバカンス ザ・ピーナッツ

第9位

エリカの花散るとき 西田佐知子

第10位

霧子のタンゴ フランク永井

第11位

学園広場 舟木一夫

第12位

ラストダンスは私に 越路吹雪

第13位

アカシアの雨がやむとき 西田佐知子

第14位

ラ・ノビア ペギー葉山

第15位

赤いハンカチ 石原裕次郎

第16位

私のベイビー~Be My Baby~ 弘田三枝子

第17位

バイ・バイ・バーディー 中尾ミエ

第18位

ハイそれまでヨ ハナ肇とクレイジー・キャッツ

第19位

上を向いて歩こう 坂本九

第20位

ロコ・モーション The Loco-Motion 伊東ゆかり

79歳の人が22歳の時にヒットしたランキング 昭和37年(1962年)

ハナ肇とクレイジーキャッツは、こんな時代からコミックソングを出してたんですね!

でも、まだ生まれてなかった私でも、『ハイそれまでヨ』『スーダラ節』も、唄えますもん。(笑)

ダーク・ダックスも古いんですね~。

吉永小百合が男子に圧倒的に人気があった時で、映画の曲も自身で唄ってたりしたんですね。

飯田久彦も洋楽にいち早く挑戦してました。


クリックするとamazonに飛びます

第1位

山男の歌 ダーク・ダックス

第2位

王将 村田英雄

第3位

川は流れる 仲宗根美樹

第4位

可愛いベイビー 中尾ミエ

第5位

硝子のジョニー アイ・ジョージ

第6位

若いふたり 北原謙二

第7位 

江梨子 橋幸夫

第8位

遠くへ行きたい ジェリー藤尾

第9位

アカシアの雨がやむとき 西田佐知子

第10位

いつでも夢を 橋幸夫・吉永小百合

第11位

下町の太陽 倍賞千恵子

第12位

ハイそれまでヨ ハナ肇とクレイジー・キャッツ

第13位

忘れないさ 北原謙二

第14位

上を向いて歩こう 坂本九

第15位

悲しき片思い~You Don’t Know~ 弘田三枝子

第16位

湖愁 松島アキラ

第17位

ルイジアナ・ママ Louisiana Mama 飯田久彦

第18位

寒い朝 吉永小百合・和田弘とマヒナスターズ

第19位

スーダラ節 ハナ肇とクレイジーキャッツ

第20位

ジェニ・ジェニ 鈴木ヤスシ

70代カラオケランキングのまとめ

いかがでしたか?

70代のおじいちゃん、おばあちゃんが若かった頃に流行った歌、ヒット曲を見て、どんな感想を持ちましたか?

今の歌とちょっと違うけど、実際に聞いたら、逆に新しくて、唄ってみると、すごく楽しい事に気づくと思いますよ。

ぜひ、これらの曲を聞いてみて、高齢者の方たちと楽しく唄って、盛り上がってくださいね。

70代80代の方が好きな歌を83曲紹介しています!ぜひチェックしてみてくださいね♪
【高齢者の好きな歌】人気の演歌から童謡まで総ざらい!

スポンサーリンク

コメントを残す