今回は、折り紙でプレゼント 立体を作る方法を紹介します。

子供の頃、クリスマスにツリーのオーナメントを飾るのが、毎年の楽しみでした。

私は、そのオーナメントの中でも、小さなプレゼントが大のお気に入りで、飾りながらワクワクしたものです。

そのプレゼントが、立体でフタ付きなのに、折り紙で簡単に作れるのを知って、作ってみたら折り紙1枚であっと言う間だし、出来上がりもサイコロみたいに可愛くて、大満足でした(^o^)

これ、折り紙よりも少し硬い紙で作ったら、もっとしっかりしたプレゼントになって、周りにリボンとか巻けば、もう買う必要がないくらいです。

あなたもぜひ、この図解と動画を見ながら作ってみてくださいね♪



スポンサーリンク

折り紙でプレゼント 立体の作り方

折り紙でプレゼント 立体を作るのに必要なもの

用意するもの

  • 折り紙(15cm15cm)・・・1枚

 

 


 
折り紙しながらクリスマスのクイズで盛り上がろう!サンタさんのモデルになった人は?

折り紙でプレゼント 立体の作り方の手順

1.折り紙の色のついていない方を表にして、図のように置きます。

 

2. 真ん中で半分に折ります。

 

3. さらに半分に折ります。

 

4. すべて開きます。

 

5.  4つの角をすべて中心に合わせて、点線の通りに折ります。

 

6. 三つ折にします。

 

7. 開きます。

 

8. 折り紙の向きを変えて、図のように置きます。

 

9. こちらでも三つ折りをします。

 

10. 開きます。

 

11. 矢印の2箇所を開きます。

 

12. 点線部分の折り筋をもう一度、しっかりと折り筋を付け直します。

 

13. 折り筋を付けたら、図のように置き直します。

 

14. 下の点線部分の折り筋をもう一度しっかり折って、付け直します。

 

15. 下の点線を谷折りにします。

 

16. 図のように指で押さえ、点線部分を谷折りにしながら、手順15で折ったところを開いて立てます。

 

17. 右手の人差し指で押さえているところを折り潰します。

 

18. 左側も右側同様、点線部分を山折りにしながら、矢印の方向に側面を立てます。

 

19. 点線を谷折りにして、内側に折り込みます。

 

20. 反対側も同様に側面を立てていきます。

 

21. 点線を折り筋の通りに山折りにしながら、矢印方向に折り倒します。

 

22. 点線を折り筋通りに山折りしながら、矢印方向へ折り倒します。

 

23. 谷折りになっている点線のところを、もう一度、しっかりと折ります。(ここはフタの付け根になりますよ(^o^))

外側からも、しっかりと山折りして型をつけます。

 

24. フタのベロのところも、しっかりと山折りにして型を付けます。

 

25. 全体的に形を整えます。

 

出来上がりました\(^o^)/

 

可愛いでしょ? リボンを巻けば、ミニチュアのプレゼントに変身です♪


プレゼントボックスの中に入れて渡せばきっと相手は大喜びですよ♪図解ページはこちらから(^^)

 
 

図解の説明では、ちょっと分かりにくかったなぁという人は、下の動画も見てくださいね(^^)

かなり、ゆっくりと分かりやすく説明しました。

折り紙でプレゼント 立体の作り方の動画

 

折り紙でプレゼント 立体のまとめ

いかがでしたか?

これなら簡単に作れる!と思ったのではないですか。

本当に簡単ですので、高齢者施設のレクリエーションや、幼稚園、保育園の子どもにも、無理なく作れると思いますよ(^^)

ぜひ、図解や動画を見ながら、プレゼントを作ってみてくださいね♪

クリスマスの折り紙の作り方【30作品以上】を一挙紹介しています!

ちなみにクリスマスの次はお正月!お正月の折り紙も楽しいですよ♪

スポンサーリンク