こんにちは、折り紙の顔入れがなかなか上達しない管理人で~す(笑)

今回紹介するのは、立体だけど1分あれば誰でも作れるサンタクロースの折り紙です。

このブログの中でも多分、一二を争う程簡単な折り紙に含まれるくらいにあっという間に出来ちゃいますよ!

立体だから、クリスマスウィークの時期に玄関やお部屋の棚に置いたり、お仕事のデスクの横にちょこんと置いて作業をすれば、間違いなく癒やされちゃうというね(^^)

何度も言いますが、本当にカンタンなので、子どもや高齢者にもオススメの折り紙ですよ♪

ぜひ、この説明を見ながら作ってみてください。

ではでは、早速、立体だけど簡単なサンタクロースを作るのに必要なものを紹介しますね。



スポンサーリンク

こちらのサンタさんも人気ですよ♪ 折り方は詳しい図解を御覧くださいね(^^)

サンタクロース(立体)の折り紙を折るのに必要なものは?

用意するもの

  • 折り紙(15cm×15cm)・・・1枚
  • サインペン
  • マイタックラベル(あれば)

※ マイタックラベルというのは、事務用のシールです。小さな丸い形をしたシールなので、白を使って中に黒い瞳を書いて目にしたり、赤を使って口や頬にしたりと便利です。

 

 

サンタクロースの折り紙(立体)の折り方

サンタクロース(立体)の折り方の手順を図解で説明していきますね♪

 

1、まずは、折り紙を下のように置いて、真ん中から半分に折ります。

 

 

2、折り筋がしっかり付いたら開きます。

 

 

3、上と下の矢印始点を中心の折り筋に合わせて折り合わせます。

 

 

4、向きを下のように変えて置きます。

 

 

5、一番下の角を一番上の角に合わせて折ます。

 

 

6、裏返します。

 

 

7、一番上の角を、中心線の下から1cm程度上のところに合わせて折り下げます。

 

 

8、裏返します。

 

 

9、左右の点線を谷折りにします。

 

ここらでちょっとクリスマスの雑学クイズ!サンタさんのモデルになった人は?

 

10、点線を谷折りにします。これは、サンタさんの帽子のちょこんと折れたところですので、裏から見て、どのくらいその”ちょこん”を見せるか、好みで調整してね(^^)

 

 

11、これで、折るのはお終いです! あとは、目や鼻、ひげなどを描いていきます♪

 

 

12、はい、これで出来上がりです\(^o^)/

 

 

このように、立てることもできるんですよ♪

小さい折り紙(7.5cm×7.5cm)で折ったら、可愛らしいサイズのサンタのおじさんが出来ますよ。

 

大きいサンタさん、小さいサンタさんをいくつか並べると可愛いですね(*^^*)



スポンサーリンク



サンタクロース(立体)の折り紙の折り方のまとめ

いかがですか?

あっという間に出来ちゃいますよね。

他にもクリスマスの折り紙をたくさん紹介していますのでお見逃しなく!

クリスマスの折り紙の作り方【30作品以上】を一挙紹介しています!

ちなみにクリスマスの次はお正月!お正月の折り紙も楽しいですよ♪

スポンサーリンク