七夕の7月7日と言えば、1年でたったの一回だけ、恋人同士の彦星と織姫が会える日ですよね?

 

そんな彦星と織姫を折り紙で折って、笹の葉に飾ってみませんか?

「でも彦星と織姫を折り紙で折るなんて難しそう・・・」なんて思っていませんか?

 

中には、ちょっと難しい折り方もありますが、これは彦星・織姫二人とも、超簡単に折れちゃう折り紙なんですよ(^^)

 

だから、子供に教えながら折ってもいいし、高齢者施設のレクリエーションとして取り組むのにとてもオススメです。

 

彦星と織姫、二人ともお顔を自分で描いていくんですが、描いた人の個性が現れて、見比べながらワイワイと飾り付けするのも楽しいですね♪

 

笹の葉飾りに二人を並べて飾ってくださいね♪

 

まずは、織姫を折っていきましょう(*^^*)



スポンサーリンク

織姫を折り紙に折る時に必要な物は?

 

織姫を作る時に必要な物の紹介です。

準備するもの

  • 折り紙(15cm×15cm) 1枚
  • サインペン 黒と赤

 

 

これだけです(笑)

 

私は「オーロラ折り紙」というキラキラ光る折り紙を使って折っていますが、例えば、和風の千代紙とか、グラデーションになっているものを使っても、きっと素敵な彦星と織姫が出来上がると思いますよ♪

 

 

織姫の折り方!簡単だから子どもやお年寄りにもすぐに作れちゃうよ♪

 

それでは、画像を見ながら、織姫の折り方を紹介しますね。

 

1、折り紙の色が付いていない方を表にして、画像のように置いて半分に折ります。

 

 

2、折り筋がついたら、開きましょう。

 

 

3、向きを置き換えて、下の角から上に3cmくらいのところ(点線)を上に折りましょう♪

 

 

4、さらに、左右の対角を結んだ線を折りますよ(^^)

こんな風なおにぎりみたいな感じに折れましたか?

 

 

5、そうしたら裏返して、右の白い辺を、中心線から左側の底辺を1/3に分けたところに合わせて、点線を折りましょう。

 

 

6、画像のように折れたら、今度は左の三角形を点線の通りに折って、右に持って来ます。

 

 

7、6で折った部分を点線のところを矢印方向に折って広げます。

こんな感じに折れましたね♪

 

 

8、裏返したら、出来上がりです! 顔のところにサインペンで顔を描いていきましょう♪

 

 

こんな風に顔を描きました(^^)

1年にこの日だけ会えるという事で、きっと織姫ちゃんもニッコニコでしょうね♪と思って、ニコニコ顔に描いてみましたよ(*^^*)

 

 

次は、彦星を折りましょう(*^^*)



スポンサーリンク



彦星を折り紙に折る時に必要な物は?

 

彦星を作る時に必要な物の紹介です。

準備するもの

  • 折り紙(15cm×15cm) 1枚
  • サインペン 黒

 

彦星の口は黒にしようかな~と思って、黒いサインペンだけにしました。 これはもう、好みですので、赤や他の色を使ってもOKですよ♪

 

彦星の折り方!簡単だから子どもやお年寄りにもすぐに作れちゃうよ♪

 

それでは、画像を見ながら、彦星の折り方を紹介しますね。

 

1、ここまでは、織姫の折り方の手順1から4とまったく一緒ですので、彦星はここから説明しますね(^^)

 

 

2、裏返して、両端の辺を左右共に中心線に合わせて折ります。

これで出来上がりですが、

 

 

3、ペラペラと浮いてしまったところは、のりでとめましょう!

※ 私が使った「オーロラ折り紙」は、普通の折り紙よりも折ったところが浮きやすいので、のりを使いましたが、普通の折り紙で折る場合はのりは必要ないと思いますよ♪

 

 

4、お顔を描いて出来上がりです!

ニコニコ顔の彦星と織姫です♡

 

彦星と織姫の折り紙の作り方のまとめ

 

いかがでしたか?

 

彦星も織姫も、二人ともとても簡単に折れちゃうでしょ?

 

小さなお子様と一緒に彦星と織姫を折って、個性的な顔を描いて飾ってくださいね♪

 

また、デイサービスなどでも、簡単に作れる彦星と織姫はオススメです。

 

7月7日のロマンティックな出会いを思いながら、素敵な二人を作って、笹飾りに加えましょう(^o^)

 

他にも七夕飾りの折り紙をチェックしてくださいね♪

星の折り紙の切り方 七夕飾りが1枚の折り紙で簡単にできちゃうよ☆

 

提灯の折り紙の作り方 立体なのにこんなに簡単に出来ちゃうよ♪

 

7月の折り紙 七夕・朝顔など簡単な折り方をまとめました♪

 

季節の折り紙 12ヶ月それぞれの折り方のまとめ

スポンサーリンク