窓の結露に困っていませんか?

毎日、毎日、窓に滝のようにながれる結露・・・

本当は何か対策をすればいいんだけど、忙しくて中々出来ないですよね。

あなたのために、窓についた結露を新聞紙でガァーっと一気に拭く方法を写真と動画付きで詳しく説明しますよ♪

新聞紙インク付くんじゃないかと心配する人もいると思いますが、インクは油性ですので、水分では落ちません。

だから、窓が真っ黒に!なんて事にはならないので、心配ご無用ですよ。

おまけに、インク溶剤(無色)が窓に付着して、多少の結露防止にもなります。

ぜひ、明日からお試しください!

それでは、順番に説明していきますね。



スポンサーリンク

窓の結露を新聞紙で簡単に拭き取れる!結露防止にも♪

準備するものはこの1つだけです!

古い新聞紙

窓の結露取りを新聞紙でやる手順

① 窓の目地(レールのところ)に新聞紙を折って、前の晩から写真のように挟んで置きます。

② 結露が付いた窓に新聞紙を貼り付けていきます

水滴が全体に付いてしまった窓です。この濡れた窓に、

直接、新聞紙をぺたぺたと貼り付けていきます。

③ 貼った新聞紙を剥がしながら水滴を拭き取ります

④ 窓が綺麗になりました

結露で窓全体がビショビショに濡れていたのが、こんなに綺麗に拭き上がりました。

上の窓一面(新聞紙3枚)を拭き取った新聞紙のゴミはこれくらいです。

窓の結露を新聞紙以外で取る方法

窓の結露を新聞紙以外で取る方法もご紹介しますね(^_-)

これならゴミも出ず、短時間でまどがスッキリカラッと綺麗になりますよ。

窓の綺麗な拭き方だけじゃなく、お金を掛けずに結露を予防する方法も写真付きで説明しています。

こちらも写真と動画で詳しく説明していますので、ぜひ見てみてくださいね。

下のリンクカードをクリックまたは、タップすると、当ブログの別記事に飛びますよ♪

窓の結露防止にシートやヒーターは必要?

窓の結露防止グッズの色々な商品が出てますよね!?

シートやテープ、ヒーターなどの様々な電化製品・・・

でも、ちょっと待って! 本当にそれが窓の結露を防止する根本的な対策になるのでしょうか?

この記事では、なぜ窓に結露がつくのか?その原因を探って、では、そうならないためには何が出来るのか?を具体的に考えて、その方法を紹介しています。

お金をかけずに窓の結露を防止するには、この記事を参考にしてくださいね♪

下のリンクカードをクリックまたは、タップすると、当ブログの別記事に飛びますよ♪

窓の結露の新聞紙で拭く方法の動画

動画で、窓に新聞紙を貼り付け、レール部分にも新聞紙を挟んでタレを防いで結露を拭き取る方法を説明していますので、よろしかったら参考にしてくださいね(^_-)

窓の結露の新聞紙での拭き方のまとめ

いかがでしたか?

どのお宅にもある新聞紙で簡単に窓の結露を拭き取れるなんて、すごくコスパがいいですよね。

もし、お時間があれば水滴取りワイパーでの窓の拭き取りもおすすめですよ!詳しい動画はこちら

また、拭き取った後の水滴防止法もこちらで紹介していますので、見てみてくださいね。

窓の水滴をそのままにしておくと、その周辺にカビが生えたり、家自体が痛むことはもちろん、健康にも良くないと言われています。

朝の忙しい時に、一手間かかってしまいますが、できたら窓の水滴はきれいに拭き取ることをおススメします。

他にも時短なお掃除方法をいろいろ紹介していますので、良かったら見てくださいね(*^_^*)

スポンサーリンク