手袋(ミトン)を折り紙で簡単に作る方法を紹介します。

図解と動画で作り方を詳しく説明していますので、きっと上手に出来上がりますよ(^_-)

右手の手袋と、

左手の手袋を合わせて、

一組の手袋(ミトン)の完成図です(^^)

今回は、赤×白の折り紙で、クリスマスバージョンの手袋を作ってみました♪

なので、違う色や柄物の折り紙で折れば、普通の手袋になりますよ。

冬の季節、こんな可愛らしい手袋をして、マフラーと帽子も揃えて、外に出掛けるのを想像しても楽しいですよね。

クリスマスには、サンタクロースが赤い手袋をしてソリを引いてやって来るかも知れませんよ(^^)

それでは、準備するものから説明します。



スポンサーリンク

サンタさんの帽子とブーツの作り方も紹介していますのでお見逃しなく!

手袋を折り紙で簡単に折る方法!Xmas ver.で作ってみました♪

手袋を折るのに必要なもの

用意するもの

  • 折り紙(15cm×15cm)・・・1枚
  • カッターナイフ

 

ネットのお得用の折り紙が送料無料で買えることもあるんですよ。よろしければ楽天でご覧ください。
いろいろな300枚入の折り紙
単色折り紙
それでは、写真に添って手袋の折り方を説明していきましょう♪

手袋(ミトン)の折り方 図解

手順~手袋の右手

1. 折り紙の色の付いている方を面にして置きます。

 

2. 真ん中で半分に折ります。

 

3. 折った所をカッターで切り離します。

 

4. 2枚に切り離されました。 1枚が右手用、もう1枚が左手用です。

 

5. それでは、1枚を使って、まずは右手の方を折っていきます。

 

6. 真ん中で半分に折ります。

 

7. 今度は縦半分に折ります。

 

8. すべて開いて、このように置き、下から1cm程度のところを折り上げます。

 

9. 上下をそのままにして裏返します。

 

10. 両端(青い線)を中心の折り筋(赤い線)に合わせて折ります。

 

11. 折り筋を谷折りにして、下から上へ折り上げます。

 

12. 折り紙を上下逆さまにして、左下の角を右上の角に合わせて谷折りにします。

 

13. 点線を谷折りにします。

 

14. 開きます。

 

15. 矢印始点の角を矢印終点の角に合わせるように、点線を谷折りにします。

折ると、写真のように浮いてしまうので、浮いてしまったところは手順13で付けた折り筋を利用して、広げて折り潰します。

 

16. 4つの角を手前に折って、丸みを付けます。(折る角度や大きさは、自分の感じで折ってくださいね(^^))

 

17. 裏返したら、右手用の手袋の出来上がりです!

それでは、次は左手用の手袋の折り方を説明します。



スポンサーリンク



手順~手袋の左手

1. 右手用の手順11までは、左手用も同様の折り方なのですが、手順12から折り方が逆になりますので、そこから説明を始めます。

 

2. 右下の角を左上の角に合わせて折り上げます。

 

3. 点線を谷折りにします。

 

4. 開きます。

 

5. 矢印始点の角を矢印終点の角に合わせるように、点線を谷折りにします。

浮いた部分は、写真のように三角に広げて折り潰します。

 

6. 4つの角を手前に折ります。

 

7. 裏返したら、左手用の手袋の出来上がりです!

 

はい、これで、一組の手袋が完成しました\(^o^)/

ほっこり感がなんとも言えず可愛らしいですよね(*^^*)

ここらでちょっとクリスマスの雑学クイズ!サンタさんのモデルになった人は?

上の図解の説明で分かりにくいところがあった人は、下の動画を見ながら折ってくださいね♪

手袋を折り紙で簡単に折る方法 動画

手袋を折り紙で簡単に折る方法のまとめ

いかがでしたか?

これでいいの?っていうくらい簡単だったのではありませんか?

今回は15cm×15cmの折り紙を半分に切って作りましたが、もっと小さな折り紙でミニチュアな手袋を作って、リースに付けたり、サンタさんの手に付けたりして飾っても楽しいですね。

ぜひ、作ってみてくださいね。

クリスマスの折り紙の作り方【30作品以上】を一挙紹介しています!

ちなみにクリスマスの次はお正月!お正月の折り紙も楽しいですよ♪

スポンサーリンク