折り紙でキャンディを簡単に折る方法を写真と動画を使って説明します。

こちらが完成図です(*^^*)

 

いっぱい作ると、こんな感じになります。


このキャンディは平面なので、画用紙や模造紙に貼れば、ハロウィンの時の壁飾りにピッタリですよ。

ここでは、折り紙(15cm×15cm)を使って折っていますが、小さめの折り紙(7.5cm×7.5cm)を使って折れば、リアルな大きさの飴ちゃんが出来上がります。

折り紙の色は一色でも良し、または、写真のようなポップは柄入りの折り紙でも可愛いいですよね♪

作り方は本当に簡単なので、幼稚園や保育園の子どもでも、高齢者の方でも、楽に作れます。

これからハロウィンに向けて、「トリック&トリート!」に答えるためのキャンディを折り紙で手作りしましょう(^o^)

それでは、用意するものを説明します。



スポンサーリンク

折り紙でキャンディを簡単に折る方法

キャンディを作るのに必要なもの

用意するもの

  • 折り紙(15cm×15cm)・・・1枚

 

たったのこれだけです(笑)。柄付きの折り紙で折ると、やっぱり華やかで可愛らし感じになるのでオススメですよ♪

では早速、写真で説明していきましょうね♪

キャンディの折り方 図解

手順

1 折り紙を裏返して写真のように置き、上下半分、左右半分に折って、十字の折り筋を付けます。

まずは上下を半分に折ります。

次に左右を半分に折ります。

 

2. 開くと十字の折り筋が付いています。

 

3. 上の辺(青い線)と下の辺(青い線)を中心線(赤い線)に合わせて折ります。

 

4. 裏返します。

 

5. 真ん中で半分に折ります。

 

6. 左右の端(青い線)を中心線に合わせて折ります。

 

7. 開きます。

 

8. 裏返します。

 

9. 山折りになっている折り筋(青い線)を再び山折りにしながら、青い線から内側に1cmのところを谷折りにします。

※ こんな感じでじゃばらに折るという事です。

 

10. 左側も右側と同じように折ります。

 

11. 裏返します。

 

12. 4つの角を山折りにして、裏に折り返します。

 

13. 裏返します。

 

14. 写真の点線を少し斜めに谷折りにします。

※ 折ると、下のように根本が浮いてしまうので、根本を三角に開いて折り潰します。

このような感じで折ります。

 

15. 残りの三辺も同じように折ります。

 

裏返したら出来上がり~~\(^o^)/

 

部屋をハロウィンの飾り付けにする時には、怖~いお化けや魔女などの中にこんな可愛いキャンディがあったら、ほっとしますよね♪

ね、簡単に出来そうでしょ?

えっ 分かりにくいところがあった?

ならば、下の動画を見てください! きっと上手に作ることができますよ。

折り紙のキャンディの折り方 動画

折り紙でキャンディを簡単に折る方法のまとめ

折り紙のキャンディの簡単な作り方でした。

キャンディとかお菓子とかの食べ物を折り紙で折るときって、不思議なことに自然に顔がニヤけちゃうんですよね(笑)。

食い意地が貼ってるんでしょうか^^;

とにかく楽しい気分になるのは悪い事じゃないので、これからもお菓子や食べ物なども、いっぱい折り紙で作りたいと思います。

ハロウィンの折り紙は、この他にもいっぱいありますので、チェックして下さいね(^o^)

スポンサーリンク