芸能人

山口紗弥加さんの若い頃、昔は女優をやめようと悩んだことも・・・

山口紗弥加

朝ドラ『舞いあがれ!』の新聞記者役が楽しみな山口紗弥加さん

中学時代から芸能生活をスタートしてCDデビューもされていましたが、長く脇役を務めていて、芸能生活を辞めようと悩んだこともあるそうです。

演技派女優、山口紗弥加さんの若い頃を振り返ります。

山口紗弥加さんのプロフィール

  • 生年月日 1980年2月14日
  • 出身地 福岡県
  • 福岡市立西新小学校
  • 福岡市立百道中学校
  • 堀越高校トレイトコース
  • 帝京大学文学部国際学科中退
  • 身長 158 cm
  • 血液型 O型
  • 趣味 料理 編み物 温泉 旅 書道
山口紗弥加

鈴木保奈美さんに憧れた子供時代

山口紗弥加さんは、両親と兄、弟の5人家族で福岡で生まれ育ちました。

山口紗弥加 幼少期

11歳の時、『東京ラブストーリー』に出演していた鈴木保奈美さんに憧れて女優を志す用になりました。

後に芸能界入りしたとき、鈴木保奈美さんのドラマの現場で花束をプレゼントしたそうです。

まるママ
まるママ
そのときに、興奮しすぎて鼻血が出たそうよ

中学3年生のときに芸能事務所入り

地元の福岡市立百道(ももち)中学校に進学。

一学年上には椎名林檎さんも在籍していました。

中学生のときに知人の紹介で芸能事務所を紹介されて芸能界に入りました。

1994年、中学3年生のときに「どん兵衛」のCMで芸能デビュー

北大路欣也さんやナインティナインと共演していました。

北大路欣也 山口紗弥加

フジテレビ系テレビドラマ『若者のすべて』でドラマデビュー

山口紗弥加 若もののすべて

このドラマでは、萩原聖人さん、木村拓哉さん、鈴木杏樹さんなどと共演。

山口紗弥加さんは、演技が初めてにも関わらず、自閉症の女の子という難しい役を演じ、NGを33回も出してしまったそうです。

演技経験ゼロのど素人なのに、父母を事故でなくしたショックから自閉症になった女の子で、難しい役でした。

監督からは、ジョニー・デップの「妹の恋人」を観るように言われて、ただひたすら、何回も繰り返して観たのを覚えています。

山口紗弥加 若もののすべて

中学卒業を期に上京、多くの芸能人の母校で知られる堀越高校の芸能コースに入学しました。

堀越高校の同級生には

  • 堂本剛
  • ともさかりえ(ともさかりえさんの若い頃の記事はコチラ
  • 佐藤仁美
  • 水樹奈々
  • 新山千春

など現在でも大活躍の芸能人がいました

山口紗弥加 ともさかりえ 佐藤仁美左から山口さん、ともさかさん、佐藤さん

 

堂本剛さんとの交際のウワサが報じられたこともありました。

中山秀征さんと、ともさかりえさんが主演のドラマ「花嫁は16才」では、主役のともさかりえさんの親友、杉村千秋を演じました。

難病の千秋を助けるために、政略結婚するともさかりえさんですが・・・

花嫁は一六才 山口紗弥加花嫁は一六才 山口紗弥加
てんちゃん
てんちゃん
また、病気の役・・・

 

1996年、中山美穂さん主演の月9ドラマ「おいしい関係」にレギュラー出演

その後、女優業の他にフジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』などバラエティー番組にも積極的に出演。

笑っていいとも 山口紗弥加笑っていいとも 山口紗弥加さん
笑っていいとも 山口紗弥加笑っていいとも 山口紗弥加さん

多忙な芸能活動をしながら無事に高校を卒業

高校時代 山口紗弥加

帝京大学に進学しましたが・・・芸能活動が多忙になり中退してしまいました。

1998年には歌手デビューも果たしました。

山口紗弥加さん、芸能界を辞めようと考えた頃

いわゆるアイドル女優と呼ばれる立ち位置で、芸人たちとともにバラエティで頑張ると

逆にドラマのスタッフなどからは「使いにくい」と言われてしまうなど方向性に悩むことも・・・

そのころ体調を崩したこともあり、22,3歳の時には芸能界を辞めようと決意を固めました。

しかしそんな時、これが最後と決めて挑んだ2003年の野田秀樹演出の舞台『オイル』の練習が大変だった反面、本番がものすごく楽しく充実感を得たことで「辞めたくない」という思いが強まりました。

その舞台での姿を見た演出家の蜷川幸雄から次の舞台の仕事へ声をかけられ

出演した舞台『エレクトラ』では蜷川幸雄に「ゴミ」「鼻クソ」と厳しい言葉で罵られることもありましたが、

そのおかげで吹っ切れ、精神的にも鍛えられたことで女優を続けることができました。

名バイプレーヤーとして大活躍

2014年頃からドラマのオファーが増えてきて、2015年には計6本出演するなど、主役ではないものの幅広い役柄をきっちり演じ切る女優として活躍していました。








山口紗弥加さん、38歳でドラマ初主演

2018年、『ブラックスキャンダル』で、38歳・芸歴24年にしてドラマ初主演しています。

山口紗弥加 ブラックスキャンダル

偽りの”謝罪会見”で地獄に落ちた元女優は、顔を変え”芸能マネージャー”として愛憎渦巻く”復讐”のステージに立つ… 5年前。人気女優・藤崎紗羅の根も葉もない嘘の不倫スキャンダルが報道される。もちろん紗羅は釈明会見を開こうとするがその矢先、なんと不倫相手とされた俳優が突然釈明会見に登場し、不倫を認めてしまう。紗羅は世間の激しい炎上とバッシングの末、芸能界から抹殺され、母親は娘のスキャンダルを苦に自ら命を落としてしまう

\無料登録するだけで31日間見放題/

■今なら31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえる!

朝ドラ「舞いあがれ」に新聞記者役で出演

東京から大阪支社に転勤してきた女性新聞記者、山口紗弥加さん演じる御園 純(みその・じゅん)は主人公、舞(福原遥)の父親、浩太(高橋克典)が経営する町工場IWAKURAを取材することになり、舞の成長を見守っていきます。

山口紗弥加さんのコメント

18年前、初めて出演させていただいた朝ドラも大阪での撮影でした。方言にばかり気を取られて、悔しい思いが残ったのを覚えています。「いつか必ず戻って来る!」リベンジを誓った大阪は、たくさんのうれしい再会と、新たな出会いに心躍る毎日です。私が演じる御園 純は、自分を偽らない人間です。周囲の視線などおかまいなしで前へ前へと突き進みます。ばらもんだこがたくさんの風を集めて空へ舞い上がるように、御園 純が、舞ちゃんにとっての「芽風めかぜ」となれるよう心をこめて演じたいと思います。

出典元:NHK

朝ドラ『舞いあがれ!』見どころチェック、あらすじネタバレプラス福原遥さん大活躍福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』 引っ込み思案だった舞は、東大阪や五島列島の温かい人たちに励まされて、パイロットを目指すことになります。 しかし、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。...

山口紗弥加さんの若い頃、まとめ

全く経験のないまま、役者として芸能生活をスタートした山口紗弥加さん

努力で演技力を身に着けて、さまざまな役柄をこなせる女優さんになりました。

これからも活躍が楽しみですね!