テレビ

三重県のポツンと一軒家の場所はここ!80歳で公園を作った東 好さん

ポツンと一軒家,三重県,東さん,場所,公園,カラオケ,庭師

2020年3月15日のポツンと一軒家は、三重県の一軒家を捜索します。

さて、そこの家の場所はどこで、どんな人が住んで、どんなお家でどんな暮らしをしているのか、楽しみですね!

ポツンと一軒家,岡山県,3世帯,洋館,2020年3月8日,見逃し 
ポツンと一軒家!岡山県の4,500坪の山に建つ芸術家の家が素敵!2020年3月8日(日)に放送された日本全国大捜索「ポツンと一軒家」では、岡山県の山の中にあるとっても広い敷地に建てられた洋館のようなお家を訪れました。 今日のポツンと一軒家は岡山県北部。 鳥取県との県境に近い山の中に見つけた一軒家です。 そこにはなんと3世帯で暮らす素敵な家族が暮らしていました。...







三重県の崖の上の一軒家はカラオケ用の家

地図で見ると大体、三重県度会軍南伊勢町押渕の辺りだと思われます。

ふもとの集落の方に聞くと、ポツンと一軒家の主である東さんは亡くなられているとのこと。

しかし、道を教えてくれた女性に案内されてポツンと一軒家に行ってみました。

川沿いの崖っぷちに一件の家がポツンと建っていました。

家の周りはきれいに整備されているが、やはり人が住む気配はありません。

主の東 好(ひがしよしみ)さん(享年93歳)は亡くなられたと聞いていたので、もう誰も住んでいないのでしょうか。

東さんに庭を作ってもらったと言っていた先ほどの奥さんに聞いた東さんの娘さんに電話をかけると、隣の集落の娘さんが、わざわざ来てくれて家の鍵を開けてくれました。

東さんは亡くなられる1カ月前まで毎日、この家に来て、庭を手入れしていたんだそうです。

窓から絶景が見えるカラオケ小屋

川に面した窓の目の前に迫るのは大きな岩の壁。

その脇には砂防ダムに溜めた水が流れる滝。

好さんはこの景色に魅せられてここに建物を建てたのだそうです。

仲間と楽しむ小屋の中には、レーザーディスクでオートチェンジャーを
使って曲がかかる高価なカラオケマシーンで、舞台はピンクとブルーの照明がある
本格的なカラオケのスペースがありました。

実は好さんがカラオケを始めたのは、75歳の時からで、この小屋を建てる少し
前のことだったそうです。

敬老会の老人会長をした時に、カラオケなんてやった事もなかった好さんでしたが、
みんなから「会長が歌わな、歌われん」と言われてから練習し始めたのです。

仕事一筋で、カラオケなんてするタイプの人じゃなかったのに、
突然、カラオケを始めたものだから、娘さんはとても驚いたんだそうです。

山を開拓して作った公園

80歳の時に東さんは、造園業を退職して、人生の集大成として、たった一人で山を切り開き、敷地を整備し、桜やつつじ、アジサイなど2千本の樹木を植えて公園を作ったんだそうです。

6千坪の雑木山を買い取ってみんなに楽しんでもらえる公園を造ることにしたのです。

重機なんかも使ってやったというから、もう驚く他ないですよね!!

娘さんから見た父・好さん

80歳でもすごく元気で若かったんですよ。
すごい馬力だったんです。

豪快な父でした。
とにかく人を楽しませる事が好きだったです。

父・好さんの意思を引き継ぐ息子さん

好さんが亡くなった後、長男の輝雅さん(69歳)が月に一度は、滋賀県の自宅から車で2時間半かけて帰省し、この公園の整備などをして管理しているんです。

通える限りここへきて、じいちゃんの公園を多くの人に見てもらいますわと輝雅さんは打ち明けてくれました。

きっと好さんも喜んでいるでしょうね^^

東 好(あずまよしみ)さんの生涯とは

この山のふもとの代々続いていた6人兄弟の次男として、大正14年9月11日に生まれた好さんは、16歳の時、陸軍の通信使として上海に出兵しました。

21歳で終戦を迎えると、故郷の三重に戻り、漁港や造船所に勤務。

24歳で妻・やすさんと結婚すると、林業の仕事に転職し、2人の子どもを育てました。

48歳で造園業を始め、80歳まで現役で働いていました。そんな好さんが75歳の時に建てたのが、このポツンと一軒家なのです。

出演者

MC 所ジョージ
パネラー 林 修

ゲスト
成田凌
秋野暢子

見逃し配信

2020年4月5日(日) 20:56まで見逃し配信をやっていますよ⇒GYAO!

三重県のポツン・80歳で公園を作った東 好さんのまとめ

好さんがほれ込んだ自然が創った壮大な岩は、高さ40m、横幅300mに渡って隆起した巨大な一枚岩。

この壮大な景色に生涯を賭けた男の集大成の証人になれたようで、今回の『ポツンと一軒家』も見ごたえのある回でした。

出演者の4人全員が、東 好さんのパワーとバイタリティに驚愕し、憧れを抱いていた様子がリアルに伝わってきました。