テレビ

世界はほしいモノにあふれてる【お店の場所】香り(香水)を探す旅

世界はほしいモノにあふれてる,日本未上陸,香り,香水,フランス,イタリア,場所,地図,スポット,お店,せかほし,まとめ

世界の香り(香水)のスペシャリストがバイヤーとなり、世界の最高級の香りを見つけて来ます。

今日の旅はフランスとイタリア。

この地にしかない、日本未上陸の極上の香りが分かりますよ!

番組で辿ったお店の場所やスポット・アクセスを紹介するので旅行の際にはぜひ参考にしてくださいね。







【せかほし】日本未上陸の香り

日本未上陸の香水を探す旅【フランス&イタリア】(初回放送:NHK総合1・東京2020年3月12日22:00~23:20 再放送:3月17日(火)午前1時10分~午前2時)

出演者

MC:三浦春馬、JUJU
ナレーション(天の声):神尾晋一郎
バイヤー:橋本宗樹

番組で行った場所を調査しました。

旅行に行く際は参考にしてくださいね!

今日の『世界はほしいモノにあふれてる』はフランス&イタリアの旅。今回の放送はなんと日本未上陸の精油(エッセンシャルオイル)です。

旅をしたのは世界的にも多くのファンを持つ香りのスペシャリスト・橋本宗樹さん。

そのアイテムは去年、数々の女性誌でコスメ大賞を総なめにしました。

フランス・パリ

プランタン in Paris PRINTEMPS

 

この投稿をInstagramで見る

 

Printemps(@printempsofficial)がシェアした投稿

世界中から集められた100以上の香水が来る人々を魅了します。
橋本さんの今回の旅の目的の1つは、パリでの最新トレンドをリサーチすること



スポンサーリンク



それぞれの香水に音楽の世界観が決められ、それを香りで表現されたもののコーナーに目が行きました。レコード盤の上に香水の瓶が飾られているのです。

例えば、「FEEL’N CHILL」という香水の音楽は、「Layla」だったり・・・

「香水を選ぶときは、そのものが持っている背景を一緒に調べていくことで、自己表現に繋がる」と橋本さんは言います。

PRINTEMPSのフロア マネージャーが、今のパリでトレンドになりつつあるものを教えてくれました。

「今の香水のトレンドはジェンダーレス性別を問わないものが人気なの。」

高級ブランドでも最新のトレンドはユニセックスが主流なのです。

Liquides Imaginaires(リキッド・イマジネ)

Liquides, the perfume bar

 

この投稿をInstagramで見る

 

shadami(@shadami)がシェアした投稿

  • 住所:9 rue de Normandir 75003 paris
  • 電話:09 66 94 77 06
  • 営業日時:11時〜19時 定休日:日曜日
  • ホームページ:LIQUIDES IMAGINAIRESLIQUIDESはELO本店から歩いて15分くらいのところに位置しています。

橋本さんが「何か新しいものは?」と聞くと店主が出してきたのが涙をイメージして作った「LA-CRIMA」を見せてくれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Liquides Imaginaires(@liquides_imaginaires)がシェアした投稿

塩の香り」がするのだそうです!!

その香りを構成しているのがピンクペッパーやスモークウッド。それが涙を表現するのだそう。

スタジオの三浦春馬もその香りを嗅いで思わず「おおっ!」と意外性に驚いてましたよ。

想像と違ってスパイシーなんだそうです。

JUJU曰く「この涙こぼれる時って悔しいことあったよね?(笑)」と言ってました。



スポンサーリンク

Officine universelle buly(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Officine Universelle Buly 1803(@officine_universelle_buly)がシェアした投稿

住所:45 rue de Saintonge75003 Paris
電話:+33 1 42 72 28 92
営業日時:火曜~土曜:10時30分~19時|日曜:11時~18時|定休日:月曜日
ホームページ:Officine universelle buly
世界各国の店舗:OFFICINE UNIVERSELLE BULY

世界八か国で店舗を展開し、日本はもちろん世界中にファンを持つ、今話題のコスメ店。
店内はとてもクラシカルな空間で中世の時代を彷彿とさせます。

19世紀にパリで生まれた伝統の美容法をベースにモダンな商品の数々が世界中の女性を虜にしています。

ブランド創業者・ラムダン・トゥアミさんは美容界のカリスマ的存在でありながら、とても気さくな人。

妻のヴィクトワールさんと製品の開発を行っているんだとか。

このお店で扱っているババスオイル100%が紹介されました。

ババスオイルはヤシ科の植物の種「ババスの実」から摂れる天然の植物オイルでコラーゲンの生成を促し、アンチエイジングにも効果があると言います。

肌に塗ってもべたつかないけど保湿感があるし、シンプルな香りだけども奥に深みとか色んな香りがあるのだそうです。

「やられた」って感じですと橋本さん。すごく勉強にもなるし、刺激的な体験だったそうですよ。

Grasse(グラース)

香水(香り)と言えば、南フランスのグラースですね!

そこで見つけたまだ日本には上陸していない世界最高級の香りと出会います。

いよいよ新作の香水作りの場所へ

パリから南へ900km。南仏の町・グラース。
小さな街でありながら、世界のすべての香りが生まれる場所と称されています。

香りの原料となる植物の栽培技術と香水を作る調香技術が認められグラースの香水産業は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているんです!

International Perfume Museum

住所:2 boulevard du Jeu de Ballon, 06130, Grasse, Franc

中世の頃は皮製品が盛んだったグラース。
しかし、皮手袋は臭いがきつく、そこで香り付きの皮手袋を作ったことから、この街に香水産業が根付いたんだそうです。

今はグラースは香水巡りができる人気の観光地なんです。



スポンサーリンク

ROBERTET(ロバーテッド)で日本未上陸の香りとの出会い

  • 住所:Grasse,06130 France
  • 電話:+33-4-93403366
  • FAX:4-93706809
  • ホームページ:ROBERTET

橋本さんが香水作りのために訪れたのは、天然香料の世界では随一の香料メーカーROBERTET(ロバーテッド)。

今回、日本のテレビメディアでは初めて製造現場の内部を公開してくれました。

精油を作っている工場内部まで映し出されてとても興味深かったですね!

ローズの場合は5tの花びらから摂れる精油の量はわずか1kgなんですって!!

ここで橋本さんは、もっとも高価なイリスの精油の塊に出会います。

イリスという植物から摂れた精油の塊はなんと600gが5万ドルもするんです( ゚Д゚)

魅惑的で惹き込まれるような香りだと橋本さん。

イリスの花は決して珍しいわけではないのですが、香料となるその花の根っこ。

3年かけて根を育て、さらに3年かけてその根を熟成。香料となるまでに6年の歳月がかかるため、その希少価値が跳ね上がるというわけです。

知ってる香水で言えば、シャネルの19番はこの香料を使っているそうです。

手に入らないし、普通見ることもできない位の香料なのです。だから、金庫で大切に保存されているんですよ!!

イリスの精油を嗅いだ感想は?


スタジオのJUJUと三浦春馬がイリスの精油を嗅いでみた感想が次。

JUJU:でもほんと、根っこの香りですね!根っこの奥にすごい何か色っぽい臭いがする。

三浦春馬:ほんとだ嗅いだ事ない!何かこう土の中のお城に迷い込んだ感じがします。

世界に1つしかない橋本さんの香水創り

本場のプロの調香師とともに、橋本さんの香り創りが始まりました。

橋本さんが表現したいのは、「大人っぽい色気を感じる香り」で、花で例えるなら、「イランイラン」とかの可憐さに秘める妖艶さなんだそう。

その注文を受け、調香師(パフューマー)がそれを忠実に再現したサンプルのストーリーがすごい↓

オレンジやグリーン系の香りからジャスミンや白薔薇の香りに移り、最後にビャクダンやムスク、そして背景にバニラを微かに感じるの。

これを嗅いだ橋本さんの感想がこれ↓

最初、フレッシュで若々しいんですけど、少しずつ色気が出て来るような感じが面白い。街ですれ違ったら振り返っちゃう香りですね。

と気に入ったようなので、このサンプルにさらなる改良を加えて、新たな試作品の製作をお願いすることにしました。

イタリア

カラブリア(南イタリア)

地中海に面した温暖な気候で、かんきつ類の世界的な産地です。

海岸通りからは、シチリア島と地中海の美しいパノラマが広がります。

買い付け旅の前にまずはジェラートとグルメ!!

イタリアNo.1に輝いたことのあるジェラート店とに立ち寄りました。

Gelateria Cesare

  • 郵便番号:89121
  • 住所:Piazza Indipendenza 2, 89121, Reggio Calabria, Italy
  • 電話番号:010 39 0965 181 6014
  • ホームページ:http://www.gelateriacesare.it/
  • 営業時間:月~日曜日の6:00~12:00

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tati Scaglioni(@tatiscaglioni)がシェアした投稿

Gourmet Academia(グルメ・アカデミア)

  • 住所:Via Largo Cristoforo Colombo 6 89125 REGGIO CALABRIA RC,Italy
  • Tel: 0965 312968
  • ホームページ:https://www.laccademia.it/ https://www.filippocogliandrochef.it/
  • 営業日時:金・土曜日:12:30~14:30|19:30~22:30 | 日曜日:19:30~22:30
  • 最寄り駅:Reggio Di Calabria Lido 駅から徒歩3分

オーナーのFilippo Cogliandro(フィリッポ・コリアンドロ)さん、気さくなお人柄です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chef Filippo Cogliandro(@filippocogliandro)がシェアした投稿

 

羊フィレステーキのソースに使われているものは何だか分かりますか?という問いにJUJUは一発で答えましたね!「家にあるもん、これ常に!」と得意そうに言ってたのが印象的です(笑)

そうです。正解は「ンドゥイヤ」です。

豚肉を腸詰にして唐辛子と塩を混ぜスモークさせた後じっくり熟成させたもの。
ペースト状でパスタに混ぜたり、バケットに塗って食べるのがカラブリア流なんだそうです。

フィリッポ・コリアンドロによれば、「ンドゥイヤ」はイタリア人にとってのアイデンティティなんです。

カラブリアのベルガモット


話は香りに戻します。

橋本さん曰く、僕たちにとってベルガモットは特別な果実で、たくさんある柑橘系の中でも、唯一リラックスさせる酢酸リナリルという成分を多く含んでいるんです。

橋本さんは、最高品質のベルガモットを求め、街の中心からさらに南へ一時間。ベルガモット畑に向かいました。カラブリアのベルガモット生産量は世界シェアの9割をしめるんだそうです。

ベルガモットは香りを使われるためにだけに作られた果実。しかし、香りに使われるのはわずか1mmの皮の表面だけなんです。それ以外の部分は家畜のえさや飲料用に使われます。

250kgの果実から摂れる精油の量はわずか1kg。

橋本さんは、精油メーカーでベルガモットの精油を買い付けるために、畑の場所ごとに摂れた精油を嗅ぎ分けて、フレッシュの中にも甘さを感じる香りを探しました。

最後にほとんど出回っていないベルガモットの葉を蒸留して創った精油を嗅いだ時、「これだ!」と思ったようで買い付けることにしました。

 

続きは後ほど追記しますのでお楽しみに!!

『世界はほしいモノにあふれてる』を無料で見る方法

『世界はほしいモノにあふれてる』がすごい人気ですよね!

そんな『世界はほしいモノにあふれてる』を無料で見たいなら、動画配信サービスの中でもU-NEXTがおすすめです!!

U-NEXTおススメの理由はこの3つです。

  • 31日間無料トライアル実施中!!
  • 無料登録(初回)の時600円分のポイントがプレゼント♪
  • 31日の間に解約すれば料金は発生しない!!

31日間の無料トライアルに登録したら即600ポイント(600円)もらえちゃいます♪

 

600ポイントで即、最新作も見られちゃうサービスを開催中なのでぜひU-NEXTに登録して視聴してみてくださいね!

■今なら31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえる!