映画・テレビ

朝ドラ『舞いあがれ!』第14週「父の背中」見どころチェック、あらすじネタバレあり

福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』

舞(福原遥)は航空会社に内定が決まったものの、リーマンショックの影響で入社が遅れています。

浩太の会社は経営難で厳しい状況

舞も仕事を手伝っています

そんなところに兄の悠人(横山裕)が現れました・・・

『舞いあがれ!』登場人物紹介

福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』

ヒロイン・舞は、ものづくりの町・東大阪で町工場を営む父・浩太と母・めぐみ、そして兄・悠人との4人暮らしで育ちました。

引っ込み思案だった舞ですが、自然豊かな長崎の五島列島にいる祖母・祥子の元を訪れ、五島列島の広い空に風を受けて力強く舞いあがる「ばらもん凧(だこ)」に魅入られます。

あんなふうに空高く飛びたい──空へのあこがれは、パイロットになる夢へとふくらんでいきます。本物のパイロットになるべく努力を重ねる舞ですが、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。

『舞いあがれ!』第14週「父の背中」あらすじ

『舞いあがれ!』第14週「父の背中」第1話

株式会社IWAKURAが新規の仕事を受注。

そのことで、暗かった会社内に活気が戻ってきました。

そんな中、悠人(横山裕)が工場に珍しくやってきました

舞「お兄ちゃん、来てくれたんやな。」

悠人「仕事で近くまで来たから、ついでや。」

舞(福原遥)は誇らしく工場を案内します。

そこで働く笠巻(古舘寛治)や結城(葵揚)に会釈する悠人

笠巻「誰か思ったわ」

悠人「この機械いくらするん?」

笠巻「1500万の機械を5台や。」

だが、工場内の機械を物色するように一回りすると、お好み焼きのうめづ”へ行ってしまいました。

その後、悠人は実家に帰り、久しぶりに4人がそろって、家族団らんの時間をすごしました。

しかし悠人(横山裕)が会社のことをどうするのかという話をだして浩太と対立してしまいました。

悠人「やせ我慢せんと売ったらええのに。工場も」

浩太「工場ってなんの話や」

悠人「リーマンショックの後、ここらの会社もぎょうさんつぶれてる。なあ、親父、損切りってしってるか。値下がりした株を見限って売ることや」

浩太「それがどうしたんや?」

悠人「たいていの人間がこの損切りが下手でな。いつか巻き返せる思って、損失が増えていくねん。なあ、親父、借金、増えていってんねやろ。傷が浅いうちに工場を売ること考えた方がええんちゃう」

浩太「悠人も知っているはずや。うちの工場は、コツコツ大きくしてきたんや。従業員と力あわせてな。お金なんかには変えられへんのや。売るって簡単にできへんねん」

悠人「なんで、損切りできんか教えたろか。自分の失敗、認めるのが怖いだけや。結局、親父は現実見る勇気ないだけや」

思わず舞は「お兄ちゃん、やめて」

めぐみも「お父ちゃんの気持ち考えて・・・」

と悠人を咎めますが

悠人「俺が悪いん?心配して言うてやってるだけや」

浩太「もうお前、帰れ」

悠人「言われんでも帰るわ」

舞は悠人と話し合いますが・・・

舞「お兄ちゃん、心配してきてくれたんやろ?ちゃんと伝わるように言えばええやん」

悠人「そんな話だったら帰る」

舞「待って。座って。一緒に考えて欲しいんや。工場を立て直す方法」

悠人「断る。今、親父がやらないかんことは被害を最小限にすることや」

舞「お兄ちゃん、私らちっちゃい頃からお父ちゃん工場で働いてたやろ。いつか飛行機の部品つくるって一歩ずつ近づいて。そんな大事な工場売れて言われてもお父ちゃんは、売れへんと思う。働く人のため、このピンチ乗り越えようと思ってるねん」

悠人「甘いな。利益のでん会社はつぶれるしかない」

舞「なんで、そんなに冷たいんよ。他人事みたいに」

悠人「お前、来年にはパイロットになって家出ていくんやろ。その後、工場がどうなるか考えたことあるのか。お前のやってることはその場しのぎの親切や。どうせ手離すんやったら、はなから助けん方がええ。無責任やぞ。ほな、行くわ」

舞のところにやってきた久留美は

久留美「舞、アイスがえらいことなってるで。柏木さんとなんかあったん?」

舞「ちゃうよ。たまにメールしてるし。」

久留美「舞は、電話して声聞きたいとか思わへんの?電話したら」

久留美にうながされて、柏木に電話をしました。

『舞いあがれ!』第14週「父の背中」第2話

舞(福原遥)は久しぶりに柏木(目黒蓮)と電話で話をしました。

柏木「なんかあったのか

舞「うちの工場大変やからしばらく手伝うことにしてん

柏木「パイロットにはなるんだよな、勘が鈍らないようにしておけよ

舞「忙しいのにごめん、声が聞けて良かった

柏木との会話で複雑な心境になってしまう舞。

浩太は人員整理を進言されるが・・・首を縦には振りません・・・

従業員も不安が高まっています。

舞「また誰か、やめんの」

浩太「だれもやめへんで」

めぐみ「会社がつぶれたら従業員全員、仕事なくすんやで、それやったらリストラするほうがええんとちゃうか

浩太「機械は売ってもしゃあないとおもってるわ、でもな、一緒に働いてきた仲間を首にはできへん、あきらめたくはない

浩太は体調がよくないようです。

工場では新たな大口発注が見込めそうな太陽光発電機に使うネジの試作品を結城(葵揚)が上手く作り、浩太(高橋克典)は笠巻(古舘寛治)らとともに喜んでいました。

結城は浩太に退職届をだしています。

結城「恩をあだで返すようですいません

浩太「チャラチャラしとったお前が、それだけの腕前になったということや、誇らしいで

結城は浩太たちにあいさつ

浩太「お前がいてへんようになったら、さびしいわ

朝ドラ受け

今年最初のあさイチ

本年も宜しくお願いします

新年早々悲しい別れが

どうですか後輩の梅津イワクラは

お父さんに華があるから

大将もモノマネもできるし

単独ライブ完売するタイプ








『舞いあがれ!』第14週「父の背中」第3話

IWAKURAでは浩太(高橋克典)が、めぐみ(永作博美)や各部署の代表を集め、試作で合格をもらったネジが100万本以上の大量発注を受けることになるが、納期期限は2週間後かもしれないと説明する。

浩太の工場で1日に作れるのは5万本ほど。直ぐにフル稼働で作り始めないと納期に間に合わすことができない。

しかし、まだ正式な本発注は受けていない。

浩太は、本発注の前にそのネジの生産を始めるかの決断を迫られています。

社長、ご決断ください。作り始めるか、本注文を待つか・・・

浩太「よっしゃ、作り始めよう

工場では生産に取り掛かっています。

舞も仕事をがんばっています。

浩太「めぐみ、いつまでたっても、楽にしてやられへんな

めぐみ「楽やないけど楽しいで

しかし・・・ねじの設計が変更になり、本注文がなくなってしまいました。

浩太は取引先に頼みますが・・・どうしようもない状況に追い込まれてしまいました。

舞は浩太を心配し、声をかけますが・・・

「おとうちゃん、大丈夫?」

いまはちょっとな、大丈夫や、ないな。今までで一番しんどいわ。

でもなここを無くすわけにはいかへん。おじいちゃんの代からみんなで作ってきた工場や

舞「おとうちゃん、私も手伝いたい

浩太「もう十分てつどうてもろうてる

舞「おかあちゃんみたいに手伝いたい

浩太「舞はパイロット目指してがんばったらええねん

浩太が工場で倒れてしまいました。

心臓発作で病院で緊急手術しましたが・・・

浩太は助からず・・・

めぐみ「嘘ぉ?嘘やん?」

めぐみは泣き崩れてしまいました。

てんちゃん
てんちゃん
おとうさん、ムリしすぎだったよ・・・
朝ドラ受け

大吉「突然すぎた

華丸「突然すぎましたね

華丸「昨日はコンビ名で盛り上がってたのに」

鈴木アナ「全然呑み込めなくて

『舞いあがれ!』第15週「決断の時」に続きます。

父親:浩太役の高橋克典さんのイケメンぶりはコチラ

母親:めぐみ役の永作博美さんの若い頃の美しさはコチラ

船大工:木戸豪役の哀川翔さんの若い頃はコチラ

吉川晃司さんの若い頃のかっこよすぎる画像はコチラ

朝ドラ『舞いあがれ!』見どころチェック、あらすじネタバレプラス福原遥さん大活躍福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』 引っ込み思案だった舞は、東大阪や五島列島の温かい人たちに励まされて、パイロットを目指すことになります。 しかし、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。...
福原遥さんの子役時代「まいんちゃん」の可愛さを再確認しました朝ドラ「舞いあがれ」の岩倉舞役で大活躍中の福原遥さんですが、子役時代の「まいんちゃん」で活躍したことを覚えている方も多いと思います。福原遥さんの子役時代からの活躍を振り返ってみたいと思います。...
舞いあがれ!福原遥と浅田芭路(はろ)がそっくり?子役時代を比較してみました朝ドラ「舞いあがれ!」で主人公の舞役、福原遥さんの子供時代を演じた浅田芭路(はろ)ちゃん。 “チビ舞ロス”になるほどの大人気でした。 福原遥さんも子役時代から活躍していたので、子役時代の福原さんにそっくり!というウワサがありましたので調べてみました。...

 

 

U-NEXTの無料体験を利用すれば、1話から最終話まで視聴できますよ!(最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください)

\無料登録するだけで31日間見放題/

■今なら31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえる!