映画・テレビ

朝ドラ『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」見どころチェック、あらすじネタバレあり

『舞いあがれ!』 第二週 「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」

福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』

五島で暮らすようになった舞、祖母の祥子との生活が始まります!

出典元:.nhk.or.jp

『舞いあがれ!』登場人物紹介

福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』

1994年、大阪府東大阪市。小学3年生の主人公・岩倉舞(浅田芭路)は、ネジ工場を営む父・浩太(高橋克典)、母・めぐみ(永作博美)、そして兄・悠人(海老塚幸穏)の4人家族。

ヒロイン・舞は、ものづくりの町・東大阪で町工場を営む父・浩太と母・めぐみ、そして兄・悠人との4人暮らし。

引っ込み思案だった舞ですが、自然豊かな長崎の五島列島にいる祖母・祥子の元を訪れ、五島列島の広い空に風を受けて力強く舞いあがる「ばらもん凧(だこ)」に魅入られます。

あんなふうに空高く飛びたい──空へのあこがれは、パイロットになる夢へとふくらんでいきます。本物のパイロットになるべく努力を重ねる舞ですが、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。

 

『舞いあがれ!』登場人物

岩倉家の人々

  • 父親:浩太:(高橋克典)
  • 母親:めぐみ:(永作博美)
  • 兄:悠人(横山裕)
  • 幼少期(海老塚幸穏)
  • 妹:岩倉舞:(福原遥)
  • 幼少期(浅田芭路)

望月家の人々

  • 父親:望月佳晴:(松尾論)
  • 娘:望月久留美:(山下美月)
  • 幼少期:(大野さき)

お好み焼き屋「うめづ」

  • 父親:梅津勝:(山口智充)
  • 母親:梅津雪乃:(くわばたりえ)
  • 息子:梅津貴司:(赤楚衛二)
  • 幼少期(齋藤絢永)

 

地域の人たち

  • 笠巻久之:(古舘寛治)
  • 八木巌:(又吉直樹)
  • 津田道子:(たくませいこ)

長崎・五島列島の人々

  • 才津祥子:(高畑順子)
  • 木戸豪:(哀川翔)
  • 浦信吾:(鈴木浩介)
  • 山中さくら:(長濱ねる)

出典元:.nhk.or.jp

『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」あらすじ

『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」第1話

めぐみを見送った帰り道、舞の目に留まったのは大空を高く飛ぶ「ばらもん凧」。

五島の方言で「元気者」を意味する「ばらかもん」から名付けられたと言われています。

舞は一太(野原壱太)からたこ糸を手渡され、凧揚げに初挑戦。

だが、凧はすぐさま木の上に落下し、一太の凧を壊してしまいました。

めぐみ(永作博美)が東大阪へ帰ったことで、舞(浅田芭路)と祥子の二人暮らしが始まりました。

祥子は、舞が自分のことは自分で出来るようにと、いろんなことに舞を挑戦させます。

しかし、舞は洗い物の皿を割ったり、寝坊して学校に遅刻したり、失敗ばかり。

祥子はそんな舞を叱ることなく

「できんことがそんなに嫌か?できんかったら母ちゃんに叱られるか?」

舞「母ちゃんが代わりにやってくれる」

「失敗は悪いことではない」「自分のことは自分でやる」と舞を励まし、出来ないことは次に出来るように。出来ないなら、出来ることを探すようにとうながしています。

「できんことは、次、できるようになればよか。できんなら、できることば探せばよかとぞ」

『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」第2話

休日に祥子の仕事の手伝いをすることになった舞。

祥子(高畑淳子)とビワの収穫をすることに。

ハシゴを登り、優しくもぎってカゴいっぱいにビワを入れていきました。

手元のビワが取り切れたから、次は少し手が届かない場所まで挑戦する舞。

しかし、足を滑らしてカゴを落とし、中身をぶちまけてしまった。

「落ちたら拾えばよか。手が届くところだけでよかよ」

まるママ
まるママ
失敗した舞をやさしくフォロー、さすがです

五島列島の売店で働くさくら(長濱ねる)は、遠距離恋愛している彼と喫茶店を開く夢を持っています。

舞は一つのことをやり遂げる喜びを知り、五島列島での生活が徐々に舞をたくましくしていきます。

元気に頑張っている舞の様子を電話で聞いて喜ぶ浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)。

舞の頑張りに刺激されて浩太はめぐみと悠人に、これからは自分のことは自分で出来るようにしようと宣言しました。

舞は祥子と船に乗りますが・・・

さだまさしが衝撃のナレーション。「でもまさか、あんなことが起こるなんて…」

朝ドラ受け

大吉「ほっこりの『舞いあがれ!』、ちょっとなんか不穏な終わり方でしたけれども」

鈴木奈穂子アナウンサー「あんなこと…なんでしょう」

華丸「ジャムつくるばあちゃん、いいよね」

「大体、らっきょうか梅干しでしょ? ジャムはうれしいよ。ビワ…よくて干し柿でしょ」

大吉「ちょっとおばあちゃんへの偏見が強い」

華丸「僕の周りがそうだったのかな」

『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」第3話

祥子(高畑淳子)は舞(浅田芭路)を連れて、「めぐみ丸」で瀬渡しの仕事をしました。

舞(浅田芭路)は、祥子が瀬渡しの仕事で乗っている船の名前がめぐみ丸という母の名前がつけられていることを知り

「おばあちゃん。何で今までおばあちゃんと会われへんかったんやろ」。

祥子は何と答えていいか分からず

続けて「おばあちゃんとお母ちゃん、ケンカしたん?」と聞く舞。

すると祥子は意を決したように「むか~しな」と重い口を開き始めました。

「何で?」と聞く舞には、「何でかな…うまく言えんね」と

さらに舞は「おばあちゃんはず~っと待ってたん?お母ちゃんが帰ってくんの。それかお母ちゃんのこと嫌い?」

祥子は「嫌いなわけがなか。待っとったとよ。めぐみに会いたかった。舞と悠人の顔ば見たかった。じゃけん今舞と一緒におってうれしか」と胸中を明かしました。

自宅へ戻った祥子(高畑淳子)は舞(浅田芭路)と悠人のためのバラモン凧を作っていました。

まるママ
まるママ
舞ちゃんのバラモン凧にはウサギのすみちゃんがいるのね

夢中になった祥子は、瀬渡しの時間に遅れてしまい、お客に迷惑をかけてしまいました。

落ち込む祥子(高畑淳子)に舞は「おばあちゃん、失敗は悪いことやないんやろ?」
と逆に励ましてあげました。

朝ドラ受け

大吉「ゲストが一人、号泣してたんですよ、8時5分位から」

鈴木奈穂子アナ「ゲストは金子貴俊さんと横澤夏子さんです」

横澤「なんて心が温まる朝ドラなんだろう、何度も泣けました」

大吉「泣き過ぎじゃない?」

横澤「今日、神回なんじゃないですか? おばあちゃん側の感情が見られたのもなかったから」

大吉「舞いあがれ という作品が良いのか よしもとが働かせ過ぎなのか」

『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」第4話

舞の症状は軽くなっていた。そんな舞の近況を通して、めぐみ(永作博美)と祥子は自然に会話が出来るようになってきました。

祥子「あせらず、長い目でみたほうがよか」とめぐみに話しました。

そんなある日、舞は近所に住む一太の家へジャムを届けに行きました。

妊娠中の一太の母が喜んで受け取ってくれるが、急に激しい陣痛に襲われ

助けを求められる舞は、無我夢中で祥子の元へ走っていき

聞きつけた祥子は、舞とともに今度は一太の父の信吾(鈴木浩介)に知らせようと、ふたり一緒に駆け出していきます。

無事に病院で元気な男の子、慶太が生まれました。

舞は頑張って走りましたが、熱は大丈夫でした。

舞は、東大阪の友達、たかしくんにはがきを出しました。

「たかしくん元気ですか。私は元気です。五島の夏は楽しいことがいっぱいです。舞より」

舞は一太から、慶太のためのバラモン凧をいっしょに揚げようと誘われますが、

一度失敗して壊してしまったことを思って断ってしまいます。そのため一太は拗ねてしまい・・・

五島では先祖供養のための念仏踊りが行われ、宴会がありました。

村のみんなが集まって宴会をしています。

谷先生(前川清)と木戸(哀川翔)が民謡を歌っていました。

慶太の凧あげから仲間外れにされた舞は、気に病んでかまた熱を出してしまいました。

祥子からは

「ばあちゃんもたーくさん失敗ばしたとよ」
「舞は他人の気持ちを考えられる」
「舞の気持ちは?」

祥子から悩み事をめぐみに相談しては?と言われた舞はめぐみに電話

「一生懸命やったらええの。思い切ってやってみたら」

とアドバイスしていました。

朝ドラ受け

華丸・大吉「良い宴会や」
「あのあと御当地ソング…」
「男と女のばらもん凧」

ゲストは前川清さんと福地桃子さん
福地桃子さんは哀川翔さんの娘さんですね

『舞いあがれ!』第二週「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」第5話

一太の弟の誕生祝に作られたばらもん凧(だこ)は2メートルもある巨大なもの。

海を見下ろす高台の公園に集まる凧揚げメンバーである船大工の木戸(哀川翔)や近所のお姉さん・さくら(長濱ねる)たちが集まっています。

いざ始めようとすると、信吾の息子の一太から、舞(浅田芭路)が揚げるようにと勧められ

一太「すぐに助けてやるけん」

舞「うん、やってみる」

舞は不安を感じるが、勇気を出して凧揚げに挑戦する。

「よーいドン」

凧は風にあおられてしまうが、みんなが助けに入って、空高く舞いあがりました!

めぐみ「舞どうしとる」「熱どう?」

祥子「熱はでとらん」「舞はもう大丈夫」「大阪へ帰らしても大丈夫」

一太は舞と別れるのがさみしそうです

一太「大阪へ帰るとね」「ずっと島におらんと」

舞「おかあちゃんも、おとうちゃんも、おにいちゃんも、家族みんな大阪におるやろ、みんなにあいたいねん」

てんちゃん
てんちゃん
一太くん さみしそう

祥子「舞もバラモン凧のように誰にも負けずにがんばれ」

舞「ばあば 今まで ありがとう」

舞が大阪に帰っていきます

めぐみが舞を迎えに来ました

めぐみ「かあちゃん、ありがとうございました」

「これからはうちがちゃんとやるけん」

祥子「頑張りすぎんと やると」

舞「大阪まで飛行機で帰りたい」「乗ってみたいねん」

初めて飛行機に乗った舞は

「私飛んでるで」と楽しそうです。

東大阪では浩太(高橋克典)と悠人が待っていました。

朝ドラ受け

舞ちゃんの成長

鈴木アナ「舞ちゃんの成長が」

華丸「たった2週間だけどね」

大吉「盆と正月は里帰りせんとね」

華丸「別れ際、祥子さんから ティッシュに包んだお金貰ったかね?」

大吉「そんなおばあちゃんあるあるは ええんよ」

第3週「がんばれ!お父ちゃん」に続きます

 

父親:浩太役の高橋克典さんのイケメンぶりはコチラ

母親:めぐみ役の永作博美さんの若い頃の美しさはコチラ

船大工:木戸豪役の哀川翔さんの若い頃はコチラ

朝ドラ『舞いあがれ!』見どころチェック、あらすじネタバレプラス福原遥さん大活躍黒島結菜さん主演の朝ドラ『ちむどんどん』 沖縄出身の4兄弟の成長を描きます。 主人公の比嘉暢子を演じる黒島結菜さんはじめ脇を固める俳優たち、また子供時代の活躍も大注目です。 見どころやあらすじ(ネタバレ含む)、出演者の情報をまとめてみました!...

 

 

U-NEXTの無料体験を利用すれば、1話から最終話まで視聴できますよ!(最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください)

\無料登録するだけで31日間見放題/

■今なら31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえる!