映画・テレビ

朝ドラ『ちむどんどん』で沖縄の方言を覚えよう、ヤマトンチュウのみんな!!

沖縄が舞台の朝ドラ『ちむどんどん』では美しい沖縄の景色とともに

沖縄の方言が楽しめます!!

わりとストーリーに重要なコトバもあったりするので、『ちむどんどん』の沖縄方言をまとめてみました!

ドラマの「沖縄の方言」を指導しているのは、藤木勇人さん。

ドラマにも沖縄料理店の主人、金城順次役として出演されています。

完全な沖縄の方言は全く理解できないレベルなので、そこはある程度アレンジして、戦後生まれの沖縄人が日常的に話すコトバをイメージして劇中の方言を指導しているそうです。

ドラマの中ででてくる感動的な名言は別にまとめていますよ

朝ドラ『ちむどんどん』、心に残る名言集【感動】沖縄出身の主人公比嘉暢子の成長物語『ちむどんどん』では数々の感動的なコトバの数々があります。 ここではドラマを振り返りながら感動的...

朝ドラ『ちむどんどん』の沖縄の方言まとめ!!

まずはなんといっても『ちむどんどん』ですね。初めて聞きましたが・・・

『ちむどんどん』ってどういう意味??

『ちむどんどん』ってどういう意味??

沖縄の方言で、「胸がドキドキする」といった意味を指します。現地では日常会話としてよく使われているようです。

「胸」は「チム」、気持ちが高鳴るときのドキドキ感を「ドンドン」と表現。あわせて「胸がどきどきする」が『ちむどんどん』という言葉になります。

主人公の比嘉暢子は食べるのが大好きな女の子

世界中の美味しいものを食べてみたいと『ちむどんどん』しています!!

沖縄方言『まくとぅそーけーなんくるないさぁ』の意味は?

「まくとぅそーけー」は、正しい事や、真(誠)の事をしていれば・・・という意味で、そこに「なんくるないさぁ」が続き、なんとかなるさ

という意味になります。ことわざの「人事を尽くして天命を待つ」に近い言葉ですね。

「なんくるないさぁ」というコトバは知っていましたが・・・適当にやっていればなんとかなるよって言う意味で捉えていましたが違っていました。

てんママ
てんママ
沖縄の人の、まじめで誠実な一面がコトバの中に隠されているわね

沖縄方言『ヤマトンチュー』の意味は?

東京からやってきた青柳和彦にたいしてみんなが「ヤマトンチュー」と呼んでいました

「ヤマトンチュー」=本土の人という意味です。

逆の意味で「ウチナンチュー」=沖縄の人ですね

北海道では本土の人を「内地の人」と呼んでいましたが同様な意味でしょうか?

沖縄方言『ぽってかすー』の意味は?

暢子が島豆腐を美味しそうに食べている時に、砂川智の弟が「たまには豆腐以外のものを食べたいよ」といったのに対して、砂川智が「ぽってかすー芋もあるだろ」と返します

意味としては「ばかやろう」「アホ」という言葉ですが、どこか優しい響きがありますね。

沖縄方言『あきさみよー』の意味は?

ごちそうをもらった比嘉家ですが、病気で困っている豆腐屋の砂川家に差し上げる事になった時に、賢秀が「あきさみよー」といい

沖縄すもうの横綱は誰か?ともめたときに賢秀が「あきさみよー誰が決めた?」と叫んでいます。

「あきさみよー」は驚いたときに出る言葉で今で言えば「マジか!」というニュアンスですね。英語の「オーマイガー」に近いです

沖縄方言『ミンジャイグサ』の意味は?

暢子が熱をだしていた妹の歌子のために、青柳和彦をさそって山に「ミンジャイグサ」を探しに行きます。

「ミンジャイグサ」はユキノシタともいい、薬草にも用いられる植物。

沖縄人でも知らないコトバのようです

まだまだこれからも追加していきますよ!!

沖縄方言『まさかやー』の意味は?

これもよくでてくるコトバですね。

暢子が沖縄そばを和彦が美味しい食べたときに「マサカヤー」といっていました

真逆(まぎゃく)と同じ意味で、「本当?」「まじで?」といった意味で驚いた時に使われます。

沖縄方言『ニライカナイ』の意味は?

沖縄ずもうで賢秀が「ニライカナイまで投げ飛ばしてやる!」とはなしていました

「ニライカナイ」は沖縄地方で海のかなたや海底にあると信じられる理想郷の名称。

「天国」と同様の意味でしょうか?

沖縄方言『まーさんやー』の意味は?

沖縄レストランで食事の時に、賢秀が「まーさんやー」と叫ぶと、良子が「はずかしいから大きな声を出さないで」とたしなめていました

「まーさんやー」は、すごく美味しいという意味です。

沖縄方言『ちばりやー』の意味は?

進路が決まらず悩んでいた次女:暢子(黒島結菜)は、とにかく行動してみると宣言。

友人の前田早苗(高田真帆)は暢子に

「ちばりよー」とはげましています

沖縄の方言で、「ちばりよー」は頑張れ!と言う意味です。

応援したい時、落ち込んでいる時、やる気がでない時、踏ん張らないといけない時、沖縄では「ちばりよー」と伝えます。

沖縄方言『しんけん』の意味は?

ホント?マジ?というくだけた言い方

暢子が料理大会のために作った料理がおいしいといわれて

「しんけん」と答えています。

話し方がカワイイですね

沖縄方言『でーじ』『わじわじ』の意味は?

ヤング大会で一等賞をとった暢子がみんなの前でスピーチを行いました。

「皆さん、ありがとうございます。美味しいものを食べるのは最高だけど、食べてもらうのも最高です。でーじちむどんどんしました。うちは今、就職活動中なんですけど、自分のやりたいことが分からなくて、モヤモヤして、自分にわじわじしてからに…。(会場から声援と拍手)うち、うちはレストランで働きたい。東京に行って、料理人になりたい。コックさんになりたい。やりたいこと、見つかりました。たった今、見つかりました」

でーじ

「大変」「とても」「やばい」という意味で使われます「でーじ」は、「でーじ〇〇よ(とても〇〇だよ)」

「わじわじ」わじわじ

とても怒っている時やムカっとした時、腹が立つという意味。怒っている時に使います

 

朝ドラ『ちむどんどん』見どころチェック、あらすじネタバレプラス黒島結菜さん大活躍黒島結菜さん主演の朝ドラ『ちむどんどん』 沖縄出身の4兄弟の成長を描きます。 主人公の比嘉暢子を演じる黒島結菜さんはじめ脇を固める俳優たち、また子供時代の活躍も大注目です。 見どころやあらすじ(ネタバレ含む)、出演者の情報をまとめてみました!...

父親:賢三(けんぞう)役の大森南朋さんのイケメンぶりはコチラ

お母さん役の仲間由紀恵さんも沖縄出身ですね。若い頃のカワイイ画像はコチラ

U-NEXTの無料体験を利用すれば、1話から最終話まで視聴できますよ!(最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください)

\無料登録するだけで31日間見放題/

■今なら31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえる!