映画・テレビ

朝ドラ『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」見どころチェック、あらすじネタバレあり

沖縄が舞台の朝ドラ『ちむどんどん』もついに第六週に突入!

時は流れ1971年、沖縄返還の前年

シークワーサー娘の暢子は東京のレストランに就職

新たな人生の希望に燃えています・・・

ちむどんどん相関図
出典元:.nhk.or.jp

ちむどんどん相関図

出典元:.nhk.or.jp

シークワーサーとは?

沖縄から台湾にかけて自生しているミカン科の果実で、標準和名はヒラミレモン(平実レモン)とされ、シークワーサーという名称は沖縄での呼び名です。沖縄の方言では「シー」がすっぱい物、「クヮーサー」は食べさせるものや食べ物を指しているそうです。

 

『ちむどんどん』ってどういう意味??

『ちむどんどん』ってどういう意味??

沖縄の方言で、「胸がドキドキする」といった意味を指します。現地では日常会話としてよく使われているようです。

「胸」は「チム」、気持ちが高鳴るときのドキドキ感を「ドンドン」と表現。あわせて「胸がどきどきする」が『ちむどんどん』という言葉になります。

 

『ちむどんどん』登場人物

比嘉家の人々

  • 父親:賢三(けんぞう):大森南朋
  • 母親:優子(ゆうこ):仲間由紀恵
  • 長男:賢秀(けんしゅう):竜星涼
  • 長女:良子(りょうこ):川口春奈
  • 次女:暢子(のぶこ):黒島結菜
  • 三女:歌子(うたこ):上白石萌歌

おきなわの人々

  • 大叔父:比嘉賢吉:石丸謙二郎
  • 豆腐屋の息子:砂川智:前田公輝
  • 教員:石川博夫:山田裕貴
  • 売店店主:前田善一:山路和弘
  • 製糖工場の息子:喜納金吾:渡辺大知
  • 村のおばぁ:新垣のおばぁ:きゃん ひとみ
  • 村のおばぁ:安室のおばぁ:あめく みちこ
  • バーガーショップ店長:マスター:川田広樹
  • 音楽教師:下地響子:片桐はいり
  • 和彦の父:青柳史彦:戸次重幸
  • 青柳和彦:宮沢氷魚

東京の人々

銀座「アッラ・フォンターナ」

  • オーナー:大城房子:原田美枝子
  • 料理長:二ツ橋光二:髙嶋政伸
  • 厨房の先輩:矢作知洋:井之脇海

東洋新聞

  • 東洋新聞デスク:田良島甚内:山中
  • 和彦の恋人:大野 愛:飯豊 まりえ

主題歌は沖縄出身の三浦大知さんのオリジナル曲『燦燦』

まるママ
まるママ
三浦大知の主題歌・・・感動!!「Folder」時代から大好き!!
てんちゃん
てんちゃん
年がバレるかも・・・

『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」あらすじ

「サーターアンダギー」

沖縄ではポピュラーな、砂糖を使用した生地を用いる球状の揚げドーナツで丸い形状をしています。

各家庭で味付けが違ったりします。

サーターアンダーギー

 

『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」第1話

1972年5月。高校を卒業した比嘉暢子(黒島結菜)は、復帰した沖縄から東京にやってきました。

大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」の西洋料理にびっくり!

まさかや

ありえん

あきさみよー

と沖縄コトバを連発

レストランのオーナー(原田美枝子)らの失笑を買いますが、料理長の二ツ橋光二(髙嶋政伸)は丁寧に対応してくれます。

そして、兄・賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問したところ、試合で負けた賢秀はみんなからお金を借りたまま姿を消していました。

暢子は「お金はちゃんと返します」と謝っていたところに

ボクシングジムの会長(具志堅用高)がやってきて、賢秀に伝えるようにと

人生のリングでは簡単にダウンするな

と声をかけられました。

賢秀は横浜の鶴見にいるらしいと聞いた暢子は見知らぬ土地にやってきますが・・・

右も左もわからないところで戸惑うばかりでした・・・

『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」第2話

暢子(黒島結菜)は東京で身を寄せるはずだった兄賢秀が、失踪してしまったことを知って呆然自失。

その上多額の借金を不義理に残していて、母・優子(仲間由紀恵)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子(上白石萌歌)が残った実家はまた経済的困窮に立ち戻ってしまいます。

暢子は兄の立ち回り先を探して横浜市の鶴見にやってきますが・・・

暢子に救いの手を差し伸べたのは鶴見の沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)だった。

『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」第3話

暢子(黒島結菜)は鶴見で沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)に救われ、紹介を受けて銀座のレストランへ。

大城房子(原田美枝子)がオーナーを務める「アッラ・フォンターナ」の試験を受けることになり

その試験の内容とは…。

その頃、沖縄やんばるの実家では、姉・良子(川口春奈)に想おもいを寄せる製糖工場の息子・喜納金吾(渡辺大知)から、衝撃の申し出が…

『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」第4話

暢子(黒島結菜)は大城房子(原田美枝子)がオーナーを務めるレストラン「アッラ・フォンターナ」の就職試験に落ちてしまいます。

しかし、シェフの二ツ橋(高島政伸)の口添えのおかげでなんとか再試験の機会を得て、母・優子(仲間由紀恵)との電話で閃(ひらめ)いた暢子が作った料理とは…。

そして鶴見の沖縄県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)の後見で、暢子の新しい暮らしが始まりました。

『ちむどんどん』第六週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」第5話

暢子(黒島結菜)は銀座のレストランに就職。

三郎(片岡鶴太郎)のおかげで鶴見の沖縄居酒屋の二階に下宿も決まり、ひょんなことから兄・賢秀(竜星涼)とも再会。

沖縄の実家では、姉の良子(川口春奈)が、村で一番のお金持ちの御曹司・金吾(渡辺大知)から求婚され、友人・石川(山田裕貴)への想いの中で心乱れていました。

暢子はレストランでの勤務初日、オーナーの房子(原田美枝子)から目をつけられます。

朝ドラ『ちむどんどん』見どころチェック、あらすじネタバレプラス黒島結菜さん大活躍黒島結菜さん主演の朝ドラ『ちむどんどん』 沖縄出身の4兄弟の成長を描きます。 主人公の比嘉暢子を演じる黒島結菜さんはじめ脇を固める俳優たち、また子供時代の活躍も大注目です。 見どころやあらすじ(ネタバレ含む)、出演者の情報をまとめてみました!...

父親:賢三(けんぞう)役の大森南朋さんのイケメンぶりはコチラ

お母さん役の仲間由紀恵さんも沖縄出身ですね。若い頃のカワイイ画像はコチラ

 

U-NEXTの無料体験を利用すれば、1話から最終話まで視聴できますよ!(最新の配信状況はU-NEXTサイトでご確認ください)

\無料登録するだけで31日間見放題/

■今なら31日間無料トライアルで600円分のポイントがもらえる!