芸能人

「ちむどんどん」で活躍中の山田裕貴さんは高校時代から愛されキャラだった

山田裕貴

朝ドラ「なつぞら」でブレイク、現在も「ちむどんどん」で真面目な学校教師、石川博夫を演じている山田裕貴さんはスポーツ万能でお父さんがプロ野球選手でした。

山田裕貴さんはイケメンなのに“愛されキャラ”といわれています

その秘密を探りました。

CMでは遠距離恋愛のカップルを演じている二人ですがドラマではどんな展開になるのでしょうか?

 

山田裕貴さんのプロフィール

  • 本名:山田裕貴(やまだゆうき)
  • 生年月日:1990年9月18日
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:178 cm
  • 血液型:O型
  • 名古屋市立高見小学校
  • 名古屋市立若水中学校
  • 東邦高校普通科

山田裕貴さんのお父さんはプロ野球選手だった!

山田裕貴さんの父親の 山田和利さんはプロ野球選手で、中日ドラゴンズや広島カープで活躍されていました。

山田和利山田和利さん

両親と妹の4人家族でそだちました。

山田裕貴

山田裕貴さん、野球のリトルリーグで活躍

父親の影響で山田裕貴さんも地元名古屋のリトルリーグに所属、

小学校時代にはリトルリーグの全国大会にも出場したことがありました。

山田裕貴 中学時代

名古屋市の千種区にある若水中学校に進学すると野球のシニアリーグに所属

山田裕貴さんが所属した、「名古屋北シニア」は全国大会にたびたび出場する強豪チームでした。

そこでは実力の差を見せつけられ、ピッチャーのポジションでしたが、レギュラーになることはできませんでした。

てんちゃん
てんちゃん
整ったイケメンだけどやんちゃそうね

山田裕貴さん、高校ではバレー部に所属

山田裕貴さんは甲子園にもたびたび出場する、名門東邦高校に進学しますが、野球部には所属しませんでした。

しかし、スポーツが得意な山田裕貴さんはバレーボール部に所属して活躍していました。

山田裕貴 高校時代 バレー部 山田裕貴さん
まるママ
まるママ
高校時代からイケメンだったのね

高校時代は、イケメンだったけどななりシャイな性格でした

高校時代を思い出すと、女の子と話すだけで顔が真っ赤になっていたり、連絡先を聞くだけで悩んでいたこともありました。

高校時代に初めて恋人ができましたが手をつなげるようになるまで4ヶ月かかったそうですよ。

小中高といじられキャラだった、山田裕貴さん。

ダウンタウンなうに出演した時にも天然エピソードが爆発。

映画で共演した菅田将暉は「筋トレ中、急に立ち上がって両手を広げ、ゴリラが胸を叩くポーズをしながら『育て!俺の筋肉』と叫んでいた」とタレコミ

山田裕貴さんは共演者同士の距離を縮めるためにやったそうですが、菅田将暉さんもリアクションに困ったでしょうね

事務所の後輩である志尊淳は、「裕貴くんから『今、ウンチ中だよぉ~』と電話がかかってくる。多分、ウンチとかオナラが大好きなんだと思います」と小学生のような行動が明らかに。

人間が一番無防備な姿が好きという山田裕貴さんは、彼女がトイレにいるときも見にいきますよ、とややヘンタイな一面もみせていました

そんな山田裕貴さんも高校時代は「プリンス」と呼ばれているほどイケメンでしたが、いじられキャラは変わらず、「プリン」といじられていたそうです。

山田裕貴さん、高校卒業後は芸能界を目ざすことに・・・

父親がテレビで活躍するのを観ていた山田裕貴さんですが、野球ではプロは無理でしたが、役者ならやれるかもしれない

と、高校卒業後は役者の道に進みたいと考えて、父親に話すと

「父親からは『俺は野球をやれとは一言も言っていないが、自分からやるって言って、途中で辞めたよな。だから、次にやるって決めたことは、最後まで死ぬまでやれ』って言われて。

上京する日、すごく寂しそうな顔をしている妹とおかんが家の前で見送ってくれて。『頑張ってね』って言っているんだけど、なんか伝わってくるものがあって。それで、最後に車で名古屋駅まで送ってくれオヤジが、めったに言わないけど、『頑張れよ』って送り出してくれたんです。それで新幹線に乗ったあと、そこからヤバかった。隣にお母さんと赤ちゃんがいたんですけど、僕、涙が止まらなくて、ずっと窓際を見ながら泣いていました

出典元:deview.co.jp

上京後はワタナベエンターテイメントカレッジに入りました。

2011年『海賊戦隊ゴーカイジャー』でデビュー

2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のジョー・ギブケン / ゴーカイブルー役で俳優デビュー

まるママ
まるママ
ヒーローなのに三枚目キャラもカワイイ!

朝ドラ「なつぞら」の演技が話題に!

なつの幼なじみ雪次郎役で大ブレイク

山田裕貴さんらしいイジられキャラが話題になりました。

なつぞら 山田裕貴 広瀬すず なつぞら 山田裕貴 広瀬すず

雪次郎って、高校卒業して川村屋で菓子職人になるために修行していたのに、役者をやりたいと言い出して、役者でうまく行き始めたと思ったら蘭子さんに恋をして、さらには芝居がしたいのか、蘭子さんと一緒にいたいのかわからなくなって、最終的には北海道に戻ってきて、菓子屋を継ぐっていう。もし、カッコイイ感じのキャラクターでやっていたとしたら、“こいつ何なの?”みたいな感じになってしまうんじゃないかなと。でも、“まあ、雪次郎だからね”っていうような愛されキャラクターじゃないと、ドラマを見ている人は雪次郎のことを許せなくなってしまうだろうなって思ったんです。

出典元:deview.co.jp

二枚目のルックスと三枚目寄りのキャラクターを持ち合わせた雪次郎が、その魅力を振りまきました。

 

山田裕貴さん、北海道の次は沖縄だ!「ちむどんどん」で教師役を熱演

「ちむどんどん」では川口春奈さんが演じる長女、良子が想いをよせる学校教師を演じています。

これからの活躍も期待大ですね。

朝ドラ『ちむどんどん』見どころチェック、あらすじネタバレプラス黒島結菜さん大活躍黒島結菜さん主演の朝ドラ『ちむどんどん』 沖縄出身の4兄弟の成長を描きます。 主人公の比嘉暢子を演じる黒島結菜さんはじめ脇を固める俳優たち、また子供時代の活躍も大注目です。 見どころやあらすじ(ネタバレ含む)、出演者の情報をまとめてみました!...