美容・健康

マスクは日焼け止めになるか? UVクリーム以外で焼かない方法はコレ!

マスク,日焼け止めになる,日焼け止めクリーム,紫外線カット,方法,効果的,焼かない,UVマスク

春先になり、日差しが強くなってくると、肌に日焼け止めを塗らなければならなくなります。

でも、肌が弱くて日焼け止めは無理! という人は、マスクをすれば日焼け防止の効果があるのかを調べて見ました。

結果、マスクによっては効果があるものと無いものがあるという事が分かりました。

他にも、日焼けや紫外線についてや、日焼け止めマスクとはどういうものかなども紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

夏,マスク,涼しい,生地,日焼け止め,UV,手作り,方法
夏のマスクやサラッと涼しい生地【日焼け止めUV】を紹介! 手作り法も!!新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、今やマスクは欠かせません。 緊急事態宣言解除も5月6日より延長されそうですね。 もしかしたら夏もまだマスクが手放せないかもしれません。 そこで、夏はなるべく涼しい生地のマスクをしたいものです。 出来たら日焼け防止のUV効果がある生地で出来たマスクなんてあったらいいですよね! この記事では、夏のマスクにピッタリの涼しい生地や、涼しい生地で出来た夏のマスクの購入先、夏のマスク手作り用の涼しい生地の購入先、また、夏マスクの作り方などを紹介するので、ぜひ参考になさってくださいね!...







マスクは日焼け止めになるか?

残念ながら、普通の不織布(紙)マスクやガーゼなどの布マスクは、日焼け止めにはなりません。

普通のマスクでは、紫外線を通してしまうと言われています。

ただ、最近では「UVカット」効果のあるマスクというのが、市販で購入することができるので、そういったものを選んでうまく日焼け止めとして利用することができるんです。

後程、この「UVカット」効果のあるマスクの紹介もしていきますが、その前になぜ肌が焼けるのかを簡単に知っておきましょう。

なぜ肌が焼けるのか? 日焼けをする弊害とは

私たち美白を守りたい人にとって、日焼けは大敵です。

では、なぜ肌が焼けるのか?

太陽の日差しには「紫外線」があり、その紫外線の中の「B波」が、私たちの肌を黒く日焼けさせます。

黒くするだけならまだしも、肌の老化の原因となる「A波」も紫外線に含まれていて、シミ、そばかす、皺などの原因になってしまうのです。

だからこそ、そんな紫外線から、肌を守る必要があるのです。

帽子や日傘だけでは紫外線を防げない理由

日光は上から降り注ぐので、帽子を被ったり、日傘を差せば日焼け止めになると思っていたら大間違いです。

光りには「反射光」があり、地面や建物や物に当たって反射してくる光があるんです。

つまり、下や横からの照り返しで肌を攻撃されるので、顎下や首元もしっかりとガードしなければいけません。

また、もっとやっかいなのが「散乱光」というもの。

日光が空気中の分子や粒子に当たって、あらゆる方向に反射する光を言います。

ちなみに「空が青い」のも散乱光があるからなんです。

だから、建物の影など、一見日陰で日光が遮られているところでも、そこから青空が見えれば、散乱光が届いているので、そこにもしっかりと紫外線が来ているという事なのです。

つまり、紫外線というのは、上からはもちろん、下からも前後左右からも、双方向で襲撃してくるので、マスクもして顔を覆うというのが日焼け止め対策としては、極めて有効なのですよ。

でも、肌を覆うというのなら、日焼け止めクリームで十分!だと思われますよね!?

では、日焼け止めを塗れば、日焼け止め防止(UVカット)マスクはいらないのか?

2つの効果を比較して見てみましょう。



スポンサーリンク

日焼け防止(UVカット)マスクと日焼け止めの効果は同じ?

UPFの数値など、UVカット効果があるものであれば、日焼け止めクリームや日焼け止め下地、日焼け止めファンデーションとUVカットマスクでも、効果は変わりません。

ただ、肌に塗るタイプの日焼け止めは、汗で流れてしまうため、一定時間ごとに塗り直さなければいけなかったり、

肌が弱い人の場合は、端から日焼け止めを使えないという事もあります。

そういう理由であれば、日焼け止め効果のあるUVマスクがおすすめですよ!

日焼け止め(UV)マスクの紹介

日焼け止めとUVマスクを両方使う

100% 完全遮光の素材を使っているマスクですって!

 

ただ、マスクは顔全体を覆いつくせないので、肌が露出している所には、肌に優しい日焼け止めを使うことをおススメします。

肌に刺激が少ない日焼け止め

ウォータープルーフなのに低刺激のNOV。

これ良く、皮膚科とかでも見かけますよね!

肌にやさしく、一日中付けてても肌荒れしなかったという口コミもある程です。

しかも、クレンジング不要でせっけんで落とせるのは嬉しいですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NOV ノブ UVシールドEX 30g/ゆうメール発送可
価格:2750円(税込、送料別) (2020/5/9時点)

楽天で購入

 

 

頬や首をガードしてくれるUVマスクで完全防備

目尻から耳、首元まで98%UVカットしてくれるマスクです。

しかも、息苦しくない工夫もされているので、夏にはぴったりのマスクですよね!

このマスクをして、帽子とサングラスをしたら、日焼け止めを一切使わないで外に出ることができますよ!

 

一緒に帽子とUVサングラスで完全防備

帽子にサングラス、マスクで完全防備すれば、すっぴんでも気軽に外に出られる便利さもありますよね(笑)

マスクは日焼け止めになるか?のまとめ

マスクは日焼け止めになるかをお読みいただきありがとうございました。

では、最後に今までのおさらいをして終わりにしたいと思います。

  • 普通のマスクでは日焼け止めにならない
  • UVカット効果のあるマスクは日焼け止め効果がある
  • 帽子や日傘だけでは紫外線は防げない
  • 日焼け止めクリームとUVカットマスクの効果は同じ
  • 肌の弱い人はUVマスクや帽子、サングラスで紫外線を防ぎましょう

UVマスクの中には、花粉症対策も同時にしてくれるマスクもあるので、上手に選んで日に焼けないようにしましょうね!