芸能人

小出恵介がなぜ西野亮廣の作品に出演?日本での復帰の可能性も推測!

小出恵介さん(35)が芸能活動謹慎から2年振りにニューヨークミュージカル作品主演するそうですよ!

しかもその作品はキングコング西野亮廣さん(39)の絵本『えんとつ町のプペル』。

そこで疑問に思うのが、なぜ西野亮廣さんの作品?というか、小出恵介さんと西野亮廣さんは、一体どういう関係なのか?という事です。

この記事では、2人の関係や出演に至った経緯、作品内容など小出さんが起こした事件などにも触れながら解説していきます。
 


 
小出恵介は5億円もの違約金を完済したのか?について検証しました!小出恵介さんがニューヨークで新作ミュージカルの出演で2年振りに芸能活動を再開すると大々的に報じられましたよね。 さて、そこで疑問な...

小出恵介がなぜ西野亮廣の作品に出演するのか?

小出恵介さんが、あの事件から2年経った今なぜ西野亮廣の絵本『えんとつ町のプペル』のミュージカル作品に出ることになったのか?

まずは、そこに至った経緯を簡単に見ていきましょう。

事件後、無期限の謹慎生活へ

あの事件が起きてから、小出恵介さんは所属事務所アミューズとの契約を終了させ、事実上の無期限の謹慎生活に入ることとなりました。

てんママ
てんママ
当時はドラマや映画・CMなど膨大な違約金が発生するのではと言われましたよね・・・

その時、小出さんは文書で気持ちを公開しています。

初心に戻り、一表現者として皆さまの前に姿をお見せすることができればと思っております

小出恵介さんが起こした事件とは

2017年、小出恵介さんが仕事で大阪滞在中にバーで男女数人で飲んでいたところに呼び出された未成年の少女に小出さんが酒を勧め、ホテルに誘って不適切な行為に及びました。

少女側が被害届を提出しなかったために刑事事件にはなりませんでしたが、書類送検され、不起訴処分となりました。

てんママ
てんママ
悪いのは彼だけど、中には同情するファンも少なからずいましたね

事件後すぐに単身アメリカへ

その後、小出恵介さんはすぐに渡米をすることを決意し、単身ニューヨークへ渡米しました。

小出さんは代理人を通じて次のほうなメッセージを伝えています。

誰も助けてくれない場所で自分を見つめ直し、俳優として一から訓練したかった。NYはエンタメの本場アメリカの中でも、世界中から強い信念を持った人が集まる活発な街。自分に合っていると思ったんです

ニューヨークでは、語学学校に通って英会話を学び、演劇学校で演技の基礎を学んでいるんです。

てんママ
てんママ
向こうで地道に頑張っていたとは知らなかった!

西野亮廣作品に出演決定の経緯

小出さんがひたむきに演技のレッスンに励む姿が、日本人プロデューサーの目に留まり、新作ミュージカル「えんとつ町のプペル」のオーディションを勧められ、見事合格!

主役のプぺル役を射止めた小出恵介さんは、2020年9月のオフ・ブロードウェイの上演皮切りをにボストン、ワシントンなどでも公演をする予定です。

また、アメリカだけではなく、日本も視野にいれたアジアツアーなども計画しているそうなんだとか。

小出さんはこんな気持ちをつぶやいています。

身に余る光栄に大きなやりがいを感じ、とにかく頑張らなければと思っています

てんママ
てんママ
小出恵介さんと西野亮廣さんが、元々関係があったわけでは無かったんですね。

 



スポンサーリンク




 

日本のファンの反応は?

復帰について冷めた人の声

復帰を喜んでいるファンの声



スポンサーリンク

日本での復帰の可能性を推測しました

今回の小出恵介さんのニューヨークでのミュージカル作品出演に関して、世間の声は賛否両論です。

もちろん、喜ぶファンと、そうでない人がいるのは当然のことですよね。

でも、思ったよりも小出恵介さんの舞台復帰を喜ぶファンがいる事に、少し驚いています。

ツイッター上での声を見てみると、彼の復帰を喜んでいる大多数は女性ファンみたいです。

これは個人的な意見ですけど、小出さんはまだ「謝罪会見」という形で自分の肉声で謝罪をしていませんよね!?

もし、日本で役者として復帰するのならば、みんなの前で当時の事に対する反省を言うべきではないかなと思います。

まとめ

小出恵介さんが西野亮廣の絵本「えんとつ町のプペル」を元にしたミュージカルに出演する陰に、2人の繋がりがあるのかと思っていたけど、単に小出恵介さんがオーディションで同作品の主演を勝ち取ったということだったのですね^^

起こしてしまった事件は許されるものではないけど、十分反省して頑張っていた事を知ると応援した気持ちにもなります。

日本のファンも小出恵介さんを待っている人も多いようですので再び、日本で活躍できる日もそう遠くはないように思います。