お花紙で作るハニカムボールの簡単な作り方を図解で紹介します!

100均で売っているお花紙で簡単に出来ちゃいますので、これを見ながら気軽に作ってくださいね♪

最近、流行りのハニカムボール。卒業や卒園のパーティー、謝恩会にも大活躍ですね。

色や大きさを変えれば結婚パーティーやハロウィン、クリスマスや誕生会に飾り付ければ、おしゃれにその場を盛り上げてくれるガーランドです。

今は市販で売られていたりしますが、やはり手作りのハニカムボールはぬくもりを感じます。

ぜひ、お花紙などで簡単に作って、家族やお友達をビックリさせちゃいましょう(^_-)



スポンサーリンク

ハニカムボールの作り方♪簡単にお花紙で出来ちゃうよ!

簡単なお花紙のハニカムボールに必要なもの

準備するもの
  • フラワーペーパー・・・4束と2枚(=30枚)
  • はさみ
  • コンパスカッター(ダイソーで売ってます(^^))
  • 目打ち
  • 針と刺繍糸
  • ダブルクリップ・・・5~6個
  • ボンド
  • ボール紙(折り紙の袋に入っていたもの)
  • カッティングシート

これ、お花紙の7枚重ねが蛇腹折りになっているものが14束入りのもので、ダイソーで見つけました。

多分、すぐにペーパーフラワーが作れるように予め折ってあるんですが、今回は、折り目が最初から付いているのが便利で、これを使いました。

もちろん、普通のお花紙でも大丈夫(^_-) 折り目を付ければいいだけですよ!

 

この中で、あまりお家に無いものと言えば、ペーパーフラワーとか、コンパスカッターくらいでしょうか。

コンパスカッターは、ダイソーなどで100円で買えるので、手芸好きなら買っておいても無駄にはならないと思いますよ。

あと、糸は刺繍糸じゃなくても、普通の家庭用の糸を2本取りで使っても大丈夫ですよ。

100均に無かったらネットでも売ってますね♪

クリックすると楽天市場に飛びます。

それでは、ハニカムボールの作り方の手順に移りますね♪

ハニカムボールをお花紙で簡単に作る手順

手順1

フラワーペーパー30枚を広げて、図のようにすべて1つに重ねます。

一番上の1枚だけ縦に半分に折って、中心に折り筋を付けておきます。

手順2

重ねたフラワーペーパーがズレないように図のようにダブルクリップで留めましょう。

縦の線と横の線が重なる1番中心に鉛筆などで少し印をつけておきます。

手順3

コンパスカッターを15cmに開いて(半径15cmになる)、付けていた印の上に芯を刺して、コンパス同様にクルッと回しながら紙を切っていきます。

この時、無理に何枚も切ろうとせず、1枚ずつ丁寧に切り取っていく感じで切り取りましょう。

紙が薄い分、力を入れ過ぎると切り口がクシャクシャになりやすいので気を付けてね^^;

手順4
こんな感じで、切り取れた丸を1枚ずつ取り出していきます。

手順5
30枚すべて丸く切り取りました。

手順6
一番上の1枚だけ図のように半分に折って、点線の通りに折り筋を付けます。

手順7
このように折ってしっかりと折り筋を付け、開きます。

手順8
開いたら一番上に重ねます。

手順9
ダブルクリップで、まわりを図のように留めます。

手順10

今付けた折り筋に添って、30枚一緒に真ん中で半分に切ります。

これで、60枚の半円が出来ました。

手順11

そうしたら、今切った60枚を1枚ずつ貼り合わせていきます。

1枚目は赤の線のところにボンドを塗って、その上に2枚目を重ね、重ねた2枚めは青の線のところにボンドを塗って・・・と

ボンドを塗る場所を互い違いにしながら、すべて重ねて張り合わせていきます。

手順12

1枚目は赤の線通り、このようにボンドを塗ります。

これは塗り過ぎです^^;

塗りすぎると上の上の紙までボンドが染みてくっついてしまうので注意しましょう!

手順13

2枚めを重ね青の線のところにボンドを塗ります。これも塗りすぎですね。

このようにして、60枚をドンドン塗り重ねていきます。

20枚くらい重ねたところでちょっと広げて、うまく出来ているか確認しながら進めてくださいね(^^)(ボンドをつけすぎてダマになり、何枚もくっついている事があるので注意しましょう。)

手順14
60枚すべて塗り重ね終わりました。

手順15

そうしたら、1番上の紙と1番下の紙の上にボール紙を図のように切って、貼り付けて芯にします。

それができたら、だいたい赤い5箇所の点の所に目打ちで穴を開けていきます。

手順16
こんな感じで穴を開けていきますよ(^^)

手順17
5箇所に穴を開け終わったら、穴に針で糸を通して輪っかにします。

手順18

5箇所すべてに糸を通して輪を作ります。輪はあまり小さ過ぎるとボールが開き難くなってしまうので、だいたいこれくらいの輪にしましょう。

紙が柔らかすぎるために、開いた時にダランダランに崩れて綺麗な丸いボールにならないので、ボールの芯の役目を糸の輪にしてもらっているのです。

手順19

ボール紙の片側に図のようにボンドを塗り、クルッとボールを開いて反対側のボール紙の芯に貼り付けます。

この時、1番上の糸の輪だけを表に出して、後の4つの糸の輪は中にきれいにしまい込みましょう。

手順20
はい、これで、お花紙のハニカムボールの出来上がりです

素朴な手作りのハニカムボールも素敵ですよ♪

ハニカムボールの作り方のまとめ

いかがでしたか?

半紙やペパナプで作る人が多いハニカムボールですが、お花紙だけあれば、クシュクシュっとしたあのペーパーフラワーと一緒に作る事が出来て便利でしょ?

柔らかすぎるので、芯をどうするか?をちょっと悩みましたが、それも糸で解決出来ちゃいました。

誰でも簡単に出来るので、ぜひ作ってみてくださいね(^^)

【関連】このページを読まれた方はこちらもよく読まれます。

スポンサーリンク

コメントを残す