ゴールを得たい理由はなに?

「癒やしとは? Ⅰ」では、”癒し”というのは、何のためにするものか?それは、今の悩みや状況を変えたくて、するもの。そして、その為には、こういう風になりたいというゴールを設定することという話をしました。

 

 

では、”癒やし”というのは、設定したゴールに行きつけばその目的が果たされるのでしょうか?実は、そういうことではありません。

 

 

例えば、家族で住む新しい家が欲しいというゴールを設定します。では、なぜ家族で住む新しい家が欲しいのでしょう?と自問自答すると、

私だったら…

ゆとりが欲しい

安心

みんな仲良くくつろげる場所が欲しい→一体感、安心感などが浮かんできます

 

 

だから欲しいのは、ゆとり、安心感、一体感です。これは、ゴールをなぜ得たいのかその理由です。そして、この理由というのは、意図というわけです

 

 

ゴールが目的なら、理由が意図。ゴールもひとりひとり違えば、一つのゴールに対する意図もひとりひとり違うでしょう。そして、その数もそれぞれだと思います。

 

 

で、実は、大事なのはゴールよりも意図の方なのです。つまり上の例で言えば、ゆとり、安心感、一体感を満たせられれば、

何も必ずしも、新しい家じゃなくても良いわけです。

 

 

そして、もしかしたら新しい家じゃなくて、別の形のものが手に入るのかもしれません。だからと言って、ゴールを設定することは意味がないとか、欲しい物が手に入らないと言っているわけでは、ありません。

 

 

欲しいものが、そのままの形で手に入ることもありますが、そうじゃない場合も少なくないのです。だから、ゴール=そのままの形 にこだわる必要はないのです。

 

 

では、なぜ、ゴールを設定するのか?

 

 

ゴールが無ければ、どこに進んでいいのか?方向性が見えません。それに、ただ、そこに座って「安心感~ 一体感~ ゆとり~」と言っても、本当にそれが手に入る可能性は、ゴールを設定しない場合は、うんと低くなります。

 

 

「今日も泣けたわ~ 癒されたわ~ 愛の状態って、こういうことね~」というところを繰り返し、繰り返し、ぐるぐる回るようなものです。

 

 

だから、ゴールという実際の形として目に見えて誰でも確認できるものも大事だし、その下の意図=例→愛、一体感、達成感、その他いろいろも大事。

 

 

その両方のバランスが取れてこその癒やしなのです。

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

次のお話しは、“もう必要のないもの”、”変えたいところ”です。

 

 

ここからが、癒やしの真髄です。

 

お楽しみに。

 

「癒やしとは? Ⅰ」

スポンサーリンク