癒やしは何のためにするものなの?

“癒やし”というのは、何のためにするものか?

多くの人は、今の悩みや状況を変えたくて、自分を癒やそうとするのです。

変えたい度合いと深刻度で癒やしの深さが違う

それは人それぞれ違います。

そして、変えたいものやその度合い、深刻度の違いによって、

または、どれだけ具体的な変化を望んでいるかによっても違ってきます。

例えば、「最近、忙しくてなんかホッとしたいのよね~」という場合と、

「職場での人間関係の悩みを解消したい」という場合と、

「異性とうまく付き合うにはどうしたらいいのか」という場合。

これらの悩みは全部違うし、それをどう解決したいのかによっても違ってきます。

この中で、異性とうまく付き合いたいという例を挙げると、

ある人は、目を合わせることができるだけでも十分。というかもしれないし、

ある人は、普通に話せるようになりたいのかもしれない。

ある人は、付き合いたいし、できたら結婚相手を探したいという目標があるかもしれない。



スポンサーリンク

まずはゴールを設定することから始める

このようにして、なりたい自分、欲しい状況をできるだけ具体的に

ゴールとして設定することから始めます。

それが実際に手に入るのか入らないのかは、まずは、あまり拘らなくてもいいのです。

まずは、自分で欲しいもの、状況、なりたい自分を設定する。

それは、自分には力がある、

思っていることを実現化するんだということを意思表明する練習の第一歩なのです。

答えは自分の中だけにしかない

人に教えてもらうことは、何一つありません。

もちろん、カウンセラーや相談員はヒントのようなものをくれるかもしれませんが、

やはり、”私はこれを望んでいて、こういう結果が欲しい”ということは、

自分で決めることなのです。

だから、100人いたら100人が全部、違う体験になるはずです。

まさに”カスタムメイド”ですね。

“癒やし”というのは、何のためにするものか?

それは、あなたが何かを変えるため、欲しいもの、状況を手に入れるためにするものです。

スポンサーリンク