2017年12月1日(金)に25年ぶり皇室会議が開かれ、

平成天皇陛下退位の日が決まりました。

それは、再来年の平成31年4月30日。

西暦2019年4月30日。

続いて、翌日の平成31年5月1日が、皇太子殿下即位の日と決定しました。



スポンサーリンク

宮内庁での皇室会議で決定!

政府は、2017年12日1日午前、三権の長や皇族らと宮内庁皇室会議を開きました。

出席者は以下の通りです。

議長 安倍首相

大島理森(衆院議長)

伊達忠一(参院議長)

赤松広隆(衆院副議長)

郡司彰(参院副議長)

寺田逸郎(最高裁長官)

岡部喜代子(最高裁判事)

山本信一郎(宮内庁長官)

常陸宮ご夫妻(皇族議員)

計10名

菅義偉官房長官も陪席した。

安倍晋三首相は、会議の意見を踏まえ、2019年4月30日を退位の日と表明した。

 

さらに2019年5月1日を皇太子殿下の天皇即位の日とし、加えて新元号を施行すると述べました。

 

なぜ、平成31年4月30日を退位の日にしたのか?

理由は、3月は切り替えの時期で移動が増え、4月には統一地方選などあるために、国民生活へ影響が及ばないよう考慮したそうです。

政府は来週にも、退位特例法の施行日を定めた政令を閣議決定し、正式な決定となります。

平成天皇が退位され、今の皇太子殿下が新しく天皇に即位されると、秋篠宮様が「皇太子待遇となるのだそうです。

安倍晋三首相は、この会議の後に天皇陛下に報告を終え、会見でつぎのように表明しました。

「天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位が国民の皆様の祝福の中でつつがなく行われるよう全力を尽くす」

初めての退位の儀式

退位」の儀式は、今の憲法下で初めて行われるので、200年前までの譲位の前例に則って決めていきます。

即位の日は、退位の日の翌日、海外の要人も招いて、国の内外に広く即位を知らせる「即位の礼」という重要な儀式。

これまで通りの秋に行うのか、即位後すぐの春に行うのか、予算が縮小できる方向で検討が続けるようです。

スポンサーリンク