九州の義母の突然の死で、遠方から駆けつけた旦那(息子)と私(息子の嫁)、そして、1日遅れで帰郷した弟夫婦の4人で、家族葬をあげた葬儀の費用の内訳を公開します。

 

突然の事で、しかもつい一週間前に電話で話した時は、元気な様子だった義母。まさか、こんなに急に亡くなるなんて誰も思っていませんでした。

 

九州の他県に住む義母の弟が、2日前くらいから義母が電話に出ないことを心配して、近所に住む親戚のおばに義母の様子を見に行ってもらったら、

 

もうすでに義母は亡くなっていたとのことでした。

 

連絡を受けた私たち夫婦は、銀行からお金を下ろし、家にあるお金をかき集めて、すぐに九州に向かいました。

 

義母の弟さんが義母の死を知り、即、義母の家のすぐ側のセレモニーホールを押さえてくれていたので、私たちは直接そこへ向かいました。

 

そこに安置されていた義母の亡骸を見てしばし呆然とするも、悲しむ間もなくセレモニーホールスタッフの男性が、葬儀のプランの相談を持ちかけてきました。

 

眼の前に起こっている現実と、それでも避けられない葬儀の費用の話し…。

 

溢れ出そうな気持ちを押さえて、葬儀プランの打ち合わせが始まりました。

 



スポンサーリンク

実際にお葬式に掛かった費用

 

葬儀の費用=¥1,218,020

  • 葬儀施行料・・・¥740,000
  • 火葬料・・・¥27,050
  • 僧侶へのお布施 ・・・¥130,000
  • セレモニーホールのスタッフへの心付け ・・・¥26,000
  • 遠方から来てくださった弔問客へのお車代 ・・・¥45,000
  • お世話になった方へのお布施 ・・・¥160,000
  • 弔問客の食事代やお茶菓子代 ・・・¥89,970

 

葬儀施行料の計算式

¥823,022(下表ABC計)-¥112,950(D返品)=¥690,072(小計)+¥55,205(消費税)=¥745,277(税込み合計)

ここから端数の¥5,277を値引きしてもらい、請求金額が、¥740,000(ご請求額)になりました。

 

 

いただいたお香典=¥600,000

 

 

お葬式の費用(¥1,218,020)-お香典(¥600,000)=¥618,020

 

というわけで、実際に義母のお葬式に喪主である夫が払った費用が、¥618,020ということになりました。

 

内訳を細かく振り返ってみたいと思います。

 

葬儀施行料

【A】葬儀基本施行料

お葬式に出席する大体の人数、お義母さんの好きだったお花、セレモニーホール玄関に故人の名前の看板を立てかけるかどうかなど、喪主である旦那が決めて行きました。

祭壇一式明細
項目 適用 金額
祭壇設営 祭壇設営

祭壇用生花

会場内装飾

供え物

表周り設営 看板類

外幕類

焼香所設営

受付設営

指差看板

玄関前生花

門前灯

 

進行管理費 司会者

(通夜1名/葬儀1名)

セレモニースタッフ1(通夜2名/葬儀2名)

祭壇一式合計 260,000円

 

棺桶も質素なものから超豪華なものまでいろいろとランクがあって、カタログを見て決めるのですが、旦那はお義母さんの好きな藤の花の色の棺桶を選びました。

 

値段的には、だいたい中間くらいでした。

棺桶一式明細
項目 適用 金額
寝棺・納棺 布張り

バイオレット

棺一式合計 115,000円
【A】葬儀基本施行料合計 355,000円

 

 

【B】基本外料金

通夜や葬儀に来てくれた弔問客に渡す会葬礼状は50枚単位で頼んで、余ったら返して、その分返戻金が戻ってくるという事でした。

 

遺影の写真は、お母さんの笑顔が一番輝いている若い頃の写真を選びました。遺影の写真は額の値段によって決まります。ウチはだいたい中位の値段のにしました。

 

なぜドライアイスや湯灌をしなかったかと言うと、エンバーミングというドライアイスなしで50日保存できるという処置を選んだからです。

 

息子である旦那が、お母さんをできるだけ綺麗にしてあげたかったという気持ちでそうしました。

基本外料金明細
礼状印刷 会葬礼状 50 5,100円
芳名帳

芳名カード 100

ファイル1付き

1,000円
遺影写真作成

遺影写真(四つ切)

額縁(キャビネ判付き)

21,000円
遺体保存用品

ドライアイス(10kg)

8,000円

0円
処置・湯灌

お風呂コース

/湯灌(追加)

35,000円

0円
処置・湯灌

ご遺体保全処置

50,000円

0円
寝台車運賃

バン型寝台車

10kmまで

14,652円
霊柩車運賃

洋バン型

クラウン20kmまで

35,970円
マイクロバス サービス 0円
写真代 集合写真 2枚組(10組) 15,000円
霊送用品 遺体パウチ 30,000円
処置・湯灌 エンバーミング 170,000円
【B】基本外料金合計 292,722円

 

 

【C】返礼品代

お通夜に来てくださった方に渡す通夜返礼品と、お香典を頂いた人にその場で香典返しをする事にしたので香典返しの品を50ケ単位で注文しました。

 

これらも余ったら返して、その分返戻金が戻ってくるという事です。

返礼品明細
通夜返礼品

小城のひととき

お茶のセット

@350×50ケ

17,500円
即日香典返し

モロゾフクッキー&コーヒーセット

@2,500×50ケ

125,000円

初七日

返礼品

紙茶缶

銘茶3本入りセット

@1,600×8ケ

12,800円
【C】返礼品合計 155,300円

 

 

【D】返礼品返品合計

お通夜に来てくれた方が13名、お葬式に出席した親族が私たち夫婦と弟夫婦を外して10名だったので、下の表の数をそれぞれ返し、返戻金として費用から差し引いてもらいました。

返礼品返品明細
通夜返礼品

小城のひととき

@350×(-37ケ)

-12,950円
即日香典返し

モロゾフクッキー&コーヒーセット

@2,500×(-40ケ)

-100,000円
【D】返礼品返品合計 -112,950円

 



スポンサーリンク



火葬料金

火葬料 27,050円

 

僧侶へのお布施

お坊さんへの通夜と葬儀でのお布施はだいたい10万~15万とセレモニーホールの人に教えてもらいました。

僧侶へのお布施
通夜・葬儀 100,000円
初七日 30,000円
お布施合計 130,000円

 

セレモニーホールのスタッフへの心付け

セレモニーホールスタッフへの心付け
メイクの方 5,000円
司会者 3,000円
支配人 5,000円
配膳係 3,000円
霊柩車ドライバー 10,000円

スタッフへの心付け

合計

26,000円

 

遠方から来てくださった弔問客へのお車代

お車代
お車代 5名 45,000円

 

お世話になった方へのお布施

義母が生前、特にお世話になった方へのお礼として、お布施という形でお渡ししました。

義母が生前 お世話になった方へのお布施
お布施 3名 160,000円

 

弔問客の食事代やお茶菓子代

こちらの風習で、お通夜に来ていただいた人たちに食事を振る舞い、お葬式が始まる前にお斎(とき)といった精進料理を振る舞い、

 

火葬後の初七日法要(遠方なので同じ日に行いました)後の会席料理を用意し、

 

また、常にホールの座敷は待合室にお菓子を用意するという事があり、その費用の内訳も書いておきますね。

法要 品名・単価・数量 金額
通夜

精進鉢盛

@3,240円×2

 

6,480円

精進寿司盛

@3,240円×2

6,480円
初七日法要

お斎弁当

@1,080円×15

16,200円

会席

@3,240円×15

48,600円

瓶ビール

@550円×3

1,650円
法要室使用料 3,000円
食事代合計 82,410円

 

お菓子代 7,560円

 

まとめ

義母の死に顔を見て、内心すごくショックを受けて、本当は泣き出したい気持ちでいっぱいのところを

 

喪主である夫のサポートをしなければとずっと気が張っていて、お金のこととか親族への心遣いとかで忙しく動き回っていた3日間でした。

 

帰って来てから少しホッとして、1日眠り込んでしまいました。

 

そして事あるごとに義母に対する後悔が押し寄せて来ます。もっとこうしてあげれば良かった、ああしてあげれば良かったと…。

 

死んでしまったら、どうしてあげることもできません。

 

これからはもっと、周りの人を大切にしようと心に誓いました。

 

そして、そうあるためにも、お金の事をもっと知って、何かあった時に慌てずに済むようにしたいと思いました。

スポンサーリンク