野菜果物難読漢字クイズです。

全部で40問を厳選して出題しますよ(^^)

普段、私達が口にする野菜や果物は、スーパーでも、ひらがなやカタカナで表記されていますよね(^^)

学校でも、あえて難しい野菜や果物の漢字を習うこともありませんでした。

なので、いきなり難しい野菜や果物の漢字を見せられても、ほとんどの人が分からないのが普通です。

そこで、あえて、それらの 難読漢字を見て、何の野菜や果物を表しているのかを当てるクイズ を作ってみました!

漢字を音読みや訓読みしてみたり、作りから想像してみたりして、何て書いているのかを当ててみましょう。

それぞれの問題にはヒントもありますよ!

一度憶えてしまえば、書けないまでも読めることは出来るようになります。

暇つぶしに家族や友達と一緒にやってみましょう!



スポンサーリンク


野菜と果物の漢字クイズ!難読40問

  • 甜瓜

「うり」という漢字が入ってますね。
正解を見る
メロン

  • 大蒜

身体には良いんだけど臭いが・・・
正解と解説を見る

にんにく

他に「葫」とも書きますが、これは「のびる」とも読み、あの臭いの強いにんにくは、「大蒜」を使う方が多いのだそうです。

  • 甘橙

橙色のものですよ!
正解を見る
オレンジ

  • 桜桃

「さくら」という字がつくから簡単ですね(^^)
正解を見る
さくらんぼ

  • 玉蜀黍

これはまったくイメージできないですねー^^;
正解を見る
とうもろこし

  • 芒果

これは果物の音から、この漢字を当てたそうです。
正解と解説を見る

マンゴー

他には、「檬果」とも書きます。

  • 林檎

これは簡単に答えられそうですね(^^)
正解と解説を見る

りんご

「檎」は中国語で「鳥」を意味し、りんごがなる林には鳥がたくさん集まるということから、この字がつけられたそうです。

  • 彌猴桃

または、「支那猿梨」とも書きます。
正解と解説を見る

キウイ

中国では「彌猴」はアカゲザルのことで、そのサルが好きな果物というところから、この字がつけられました。

  • 蕃茄

ナス科に属するので茄子の1字が入ってます。
正解と解説を見る

トマト

「蕃」は西欧を表すので、西欧から来た茄子という意味でつけられました。

トマトはこの他にも、「小金瓜」「唐柿」「赤茄子」「珊瑚樹茄子」という漢字もあるんですよ!

  • 五歛子

五という数字が、果物の形と関係しています(^^)
正解と解説を見る

スターフルーツ

横の断面が五芒星型だったことに由来するそうです。

  • 葡萄柚

この漢字の中に別の果物の名前が入ってるんですが、その果物と何かが似ています(^^)
正解と解説を見る

グレープフルーツ

グレープフルーツは葡萄の房のような形で群れをなして木に成るので、この漢字が付けられました。

  • 石榴

こぶのような果物です。
正解と解説を見る

ざくろ

ペルシャ北部の「安石国」から来たという事と、形が瘤(こぶ)に似ていることから、最初は「安石瘤」と呼ばれました。

それを略して「石榴」になりました。

他には「柘榴」とも書きます。

  • 花椰菜

訓読みをすると、「はなやさい」です。

そうです!花のような野菜と言えば・・・

正解と解説を見る

カリフラワー

ちなみにブロッコリーを「芽花椰菜」(めばなやさい)、または「緑花椰菜」と書きます。

  • 茘枝

日本語の音読みだと、「レイシ」と読みます。

昔はこう呼ばれていましたが、他の野菜「ツルレイシ=ゴーヤ」と混同してしまうために、少し呼び方を変えたんだそうです。

正解を見る
ライチ

  • 蓮根

これは簡単かもしれませんね(^^)
正解を見る
れんこん

  • 陸蓮根

「おかれんこん」と読みます。
正解と解説を見る

オクラ

なんと、「オクラ」という呼び方の由来は、英語の「okra」からなんですって!

  • 西瓜

これは分かる人も多いのではないでしょうか。
正解と解説を見る

スイカ

10世紀ごろ、中国の西に位置するウイグルから中国に伝わった瓜ということで、「西瓜」と書くようになったそうです。

  • 鳳梨

中国語の発音は「フォンリー」です。

この果物を使ったケーキ「鳳梨酥」は有名で、日本でも通販で売られています。

正解を見る
パイナップル


スポンサーリンク



  • 甘唐辛子

唐辛子のような形をしていて、でも辛くなく甘いものです。
正解と解説を見る
ピーマン

  • 芽花椰菜

和名は「ハナメヤサイ」。

たしかに花の芽のような野菜ですね(^^)

正解を見る

ブロッコリー

または「緑花椰菜」と書きます。

  • 甘蕉

甘いという字がつく通り、とても甘くて子どもも大好きです(^^)
正解を見る

バナナ

「実芭蕉」とも書きます。

  • 胡瓜

現代は熟す前の緑色の状態の時に食べますが、大昔は、熟して黄色になったら食べていました。

だから、「黄(き)◯」と言われていたんですよ(^^)

正解と解説を見る

きゅうり

ヒントのような理由で、「黄瓜」と言われていました。

「木瓜」という漢字を使うこともあるようです。

  • 萵苣

音読みでは、チサ、またはチシャと読みます。

苦味と甘みがある葉野菜です。

正解を見る
レタス

  • 藍苺

中国語で「らいめい」と読むそうです。

藍色のイチゴとは、なるほどな~(^^)

正解を見る
ブルーベリー

  • 辣薤

ノーヒントです(^^)
正解を見る

らっきょう

一文字で「薤」とも書きます。

  • 蕃瓜樹

中国語で読み方は「ばんかじゅ」です。
正解を見る

パパイヤ

または、「万寿果(まんじゅか)」とも書かれ、「乳瓜木(ちちうりのき)」、「万寿瓜(まんじゅまい)」とも呼ばれることもあります。

  • 鰐梨

皮がワニの肌に似ていて、形が洋梨のような果物です(^^)
正解と解説を見る
アボカド

  • 甘藍

中国語読みでは「ピンイン」。そして、その意味は「葉牡丹」だそうです。
正解と解説を見る

キャベツ

昔、キャベツは観賞用としてオランダから入ってきて、その形が「葉牡丹」に似ていたそうです。

今のような形になって食用になってからは、日本では、「玉菜(たまな)」と呼ばれるようになりました。

  • 麝香猫果

果物の王様と言われ、麝香(じゃこう)の香りを持つ果物です。
正解と解説を見る
ドリアン

  • 隠元

音読みすると分かりますよ(^^)
正解と解説を見る

いんげん

南アメリカからヨーロッパを経て中国へ伝わり、中国の僧であった隠元禅師が1654年(承応3年)に日本に持ち込んだのが、この名前の由来だそうですよ。

  • 玉葱

これは読める方も多いのではないでしょうか。
正解と解説を見る
たまねぎ

  • 蜜柑

これも簡単ですね(^^)

蜜のように甘い柑橘類です。

正解を見る
みかん

  • 南瓜

南蛮由来の瓜です。
正解と解説を見る

かぼちゃ

ポルトガル人がカンボジアの産物であるかぼちゃを日本に伝えたことから、「かぼちゃ」と呼ばれるようになりました。

日本では、そのまま音読みで「なんきん」という地方もあるんですって(^^)

中国語では、「ナングァ」と読みます。

  • 木通

ノーヒントです。
正解と解説を見る

あけび

漢方で利尿剤として使われ、小水(尿)が通じる蔓の木に由来しているという説があります。

「通草」「丁翁」「山女」とも書きます。

  • 和蘭三葉

オランダミツバという所から想像すると、分かりやすいかもしれませんよ(^^)
正解と解説を見る

セロリ

16世紀末に加藤清正が朝鮮から持ち帰ってきたことから、「清正人参(きよまさにんじん」)と書いたり、「塘蒿」と書いたりもします。

ちょっとにんにく臭い野菜です。
正解を見る
ニラ

  • 無花果

花が無い果物というより、花が見えない果物です。
正解と解説を見る

いちじく

いちじくの中のつぶつぶの部分が花なんですって(・o・)

  • 和蘭芹

オランダのセリです。
正解を見る
パセリ

  • 西印度櫻桃

激ムズですね^^;

西インドのさくらんぼという意味だそうです。

正解を見る
アセロラ

  • 八朔

音読みで読むと分かりやすいですよ!
正解と解説を見る

はっさく

漢字の由来は、八朔(旧暦の8月1日)頃からが食べごろというところから来ています。

江戸時代末に広島の浄土寺で原木が発見されたんだそうですよ(^^)

野菜と果物の漢字クイズのまとめ

いかがでしたか?

野菜や果物の漢字は中国語からつけられているものも多いので、日本の漢字からは想像出来にくいものも多かったのではありませんか?

だからこそ、クイズで読み方を憶えて、知らない人に自慢しちゃって下さいね(^^)

さてさて、他にもいろいろなクイズがありますので、そちらの方も、ぜひ、ご覧になってください。

上のクイズも含めた当サイトのクイズ記事のまとめです。

ここをクリックまたはタップするページが開きます↓

スポンサーリンク

コメントを残す